学校の授業ノートの取り方が分かりません。ただ写していると理解できないし、板書をとらないと復習のときに詰まってしまいます。

学校の授業ノートの取り方が分かりません。ただ写していると理解できないし、板書をとらないと復習のときに詰まってしまいます。
ノートの余白に先生の言った大事な事はもちろん、解く上でのポイントなど書き足していきましょう。それに、板書をキレイに書くのもいいですが、所詮復習に使えればいいんです。使う色ペンは絞りましょう、たくさんの色ペンを使うとどれが大切なのかわからなくなってしまいます。

また、黒板に書いてあることは教科書にもだいたい書いてあります。提出義務がないのであれば、ノートを取るのではなく、教科書に書かれていないこと、問題の説くポイントを直接書き込んでしまうのも良いと思います。

要は自分が復習する時にタメになる情報がメモできているかどうか。
つまり、一人で解いた時に「分からない」「どうするんだっけ」と迷った時に、手助けしてくれる情報を書くべきです。
そのためには漠然と写すのではなく、ちゃんと授業を聞いて、今の問題は理解できたか、復習の時につまづきそうなポイントはあったかを考えながらメモを書き足していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG