新学期開始-受験生の心得

いよいよ4月から受験生!と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで!ジーク流-受験生の心得を一気に紹介していきたいと思います。

健康的な生活リズムづくり!

受験生にとって最も大事なことは、身体の健康維持です。しっかり食べて、しっかり眠ることこそが勉強時の集中力アップにつながるのです。いくら時間がない!と焦っていても、過度に睡眠を削ったり、食事を抜いてしまうことのないようにしましょう。体調を崩してしまっては、それこそ重大なタイムロスになってしまいます。

睡眠時間は最低でも6時間は取るようにしましょう。24時までに就寝し、6時に起床するというリズムが最も良いですね。また、夜遅くまで起きて朝遅く起きるという”夜型生活”は避けるようにしましょう。どんなにそちらの方が集中できるとしても、受験本番は朝に試験が始まります。朝から脳をはたらかせる訓練をしておくことが大事です。

食事をとる際にも、しっかりと噛んで味わって食べることで脳が活性化されると言われています。また、よく噛むことはストレスで弱ってしまいがちな胃腸にもやさしいので、日頃から行うと良いでしょう。

適度な運動も重要です。身体を積極的に動かすことによって、座りっぱなしで固まった筋肉をほぐすことができるのです。少し煮詰まったら立ち上がって体操をしたり、筋肉を伸ばすストレッチを行ってみると良いでしょう。また、運動には身体をほぐすだけでなく、精神的にもリフレッシュする効果があるので、積極的に実践していくと良いでしょう。

参考書選びで効率の良い学習を!

参考書は受験生の最重要アイテムと言っても過言ではないでしょう。そんな参考書も、使い方によって勉強の効率が大きく変わってきます。自分よりレベルが高すぎるものも、簡単にこなせてしまうものも、自分にあった参考書とはいえません。自分がギリギリ解けなくて解説を見て理解できるくらいの難易度のものを選ぶと、より早い実力アップが期待できます。ある程度実力が付いたら一歩上のレベル間の問題集に挑戦していくと良いでしょう。

また、参考書によって使用方法を見定めて上手に使っていくことが大事です。例えば、基礎を確認するために開く教科書やそれに準ずる参考書や、ガッツリ実践問題を解くためのセミナー、少し深く背景を知りたい時に辞書のように使う参考書などがあります。先生や先輩などに効果的な使用方法を聞いてみるのも良いですね。

質問のフットワークを軽く!

学習を進める上で最も大事なことが「分からないことを分からないままにしない」ということです。少しでも理解できない部分があったら後回しにせずに、参考書を駆使するなどして疑問点をなくしましょう。分からない部分を後回しにしてしまうと、時間が経つにつれ忘れてしまう上、分からないまま諦めてしまいがちです。また、遠慮せずに先生にどんどん質問しに行くと良いでしょう。先生の都合がつかない場合は、メモなどに分からなかった部分を書き記しておき、すぐに質問できる状態にしておきましょう。質問したいことをまとめておくことで、分からなかった部分の解説を漏れなく聞くことができます。

分からない部分を後回しにしてしまうと、時間が経つにつれ忘れてしまう上、分からないまま諦めてしまいがちです。また、「今更こんな簡単な問題で質問しに行くのは気が引ける」といった考えが少しでもあるならば今すぐに捨ててしまうべきです。先生は受験のエキスパートです。解き方のポイントや生徒が躓きやすい部分を把握しています。疑問点をなくすということは合格への一歩になります。小さなことでも遠慮なくどんどん聞いていきましょう。

また、分からない部分以外であっても、「この場合にはどうなるのだろうか?」、「もっと上手い解法はないだろうか」などの疑問もぶつけていけると良いですね。

 


さいごに

「ガツガツ学んでいくぞ!」という意気込みと「身体を大事にする」という教訓を胸に、どんどんステップアップしていきましょう。受験生だからといってかっちり固まってしまうのではなく、学習と息抜きを上手に使い分け、色々なことに柔軟に対応していきましょう。

 

自己免疫力向上のポイントはこちら!

受験サポート塾ジークのトータルサポートはこちら→ トータルサポサポート

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG