tokyo_tower

東京タワーと市ヶ谷の釣り堀と、東京芸術劇場前と新宿駅の東口

東京はすごい街だと常々思う。
私は神奈川出身で東京は近い。でもそんなに都会な方ではない。すごく田舎なわけでもないけど都会なわけでもない、いわゆるベッドタウンに住んでいる。大学が池袋にあるおかげ(せいで?)で都会に、広い世界に引きずり出された。東京は、大きい人間みたいだと思う。好きなところもあれば気に入らないところもある。これから少なくともあと2年半は付き合うであろう東京は魅力的だと思う。私の東京の嫌いなところは、多くの人間がひしめいてるところだ。新宿、渋谷などの若者が多い場所はとにかく自己主張がすごい。歩いている人間も私服の人が多い。個性が出るからうるさい。あと広告もうるさい。映像をながしたり大きなポスターが貼ってある。広告方法の違いで主張する感じもうるさい。自己主張で溢れてて、溺れそうになります。自分と同じように一人一人に個性があって譲れないとこがあって毎日必死に生きているのかと思うと疲れる。社会を感じる。でも東京には疎の場所がある。隠れ家がある。それは落ち着いた感じのカフェだったり、大学の人がいない教室だったり、綺麗なトイレだったり、都会のど真ん中にある駅から500メートルと離れない釣り堀だったり。慌ただしい時間の流れや喧騒から逃れられる場所がある。そういう場所がたまらなく好きで、自分を取り戻す時間は大人になっても大事にしたい。あと月並みな感想だけどやっぱり夢があると思う。東京を象徴する東京タワーに感動する。見上げるほど大きいビル群や、ハイブランドのブティックに。自分が思うよりずっと東京に憧れているのにびっくりすることが多い。そりゃそうだよね、だって小さい頃からテレビで見てたもん。東京はすごい。もっと知りたい。コロナにはそろそろお控えなすってほしい。


他の記事はこちら↓

毎日コツコツこつたろう

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG