the_pillows

今回はthe pillowsの『スケアクロウ 』という曲を紹介していこうと思います。今回紹介するのは、曲の歌詞ではなく題名の方です。

『スケアクロウ』とは英語で scarecrow と書き、案山子やみすぼらしい人を意味する単語です。
the pillowsの『スケアクロウ』は案山子という意味で使われているのではなく、ジェリー・ジャッツバーグ監督の1970年代の作品である『Scarecrow』という映画の題名からとったそうです。
この scarecrowという単語は、「怖がらせる」という意味の “scare” と 「カラス」という意味 “crow” が組み合わさってできた単語です。「カラスを怖がらせるもの」=「案山子」という意味でこの単語が使われるようになりました。

このように英単語には、それぞれ意味をもったもの単語が組み合わさってできているものが多いです。
日常生活で目にする英単語や初めて見る英単語など、どんな意味の単語が組み合わさっているのだろう?と考えてみるのも面白いかもしれません。

 

・他の記事はこちらから!→現役大学生の音楽考察

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG