NARNIA

同じことは、2度起きないのだよ。

 

おはこんばんにちは、皆さん今日も勉強お疲れ様です。

 

オリンピックはそろそろ終盤に近付いています。

現時点での日本の金メダル数は中国、アメリカに続いて3位。

皆さんは家でオリンピック観戦していますか?高い競争率の中、チケットを勝ち取り現地で観戦する予定だった方もいるのではないでしょうか?

もしコロナウイルスが存在していなければ、2020年日本はオリンピック開催国として盛り上がっていたのかなと最近ふと考えます。いやオリンピックだけではなく、世界全体が2年前の日常を送っていたのかなと思います。

早く終わってほしいですね。終息にはまだまだ遠い道のりだと思うので、収束したらとびっきり美味しいごはん食べましょ。私はサーモン食べます(?)

サーモンが好きすぎるが故に、「サーモンになりたい」と思いながら毎日生きています。

 

エッ?変?

大丈夫です、知っています。自覚済みです。

 

さて本日は私のバイブルである映画、2作品のうち1作品ご紹介したいと思います。

私の幼少期時のお気に入りの場所は ”クローゼットの中”。

そうです、洋服を収納するクローゼットです。暗くて狭い場所が好きっていうのも1つの理由ですが、さらに大きな理由が1つあります。

 

今回ご紹介する映画「ナルニア国物語」(2005~)。

https://youtu.be/u5iB65669XI (第1章 ライオンと魔女)

シリーズなので、第1章の予告を貼らせていただきます。

 

そう、もう1つの大きな理由は「ナルニア国」に行けると思っていたから。

可愛いですね、この時は純粋でした。無垢の心を持っていました…

流石ディズニー様、子供の夢が詰まった作品を作ります。子供心を擽るんですよね、言わずもがな天才です。

 

ナルニア国物語には4人兄弟姉妹が登場するのですが、またこれが美男美女なんですよ…

目の保養ッ~~~~~~~!!!!!(このフレーズ何回目)

私はこの4兄弟姉妹の1人でありたかった。なんなら5人目として家族になってナルニア国に行きたかった~!

 

このシリーズの素敵なところは、ストーリーは勿論、何より私が推したいのは「映像」の綺麗さ。

色彩が本当に綺麗なんですよね。注目ポイントです。

 

子供向けの映画だと言われがちですが、このファンタジー感がいい。

ハリーポッターでは、11歳になった時にホグワーツ入学許可証が届く。このことを私達は当たり前のように信じてました。これと同じように、衣装ダンスの中に魔法の国「ナルニア国」があると信じていた。

ま、現実にはないと分かっていても、心の何処かで信じたい自分がいたように思います。

色んな人のレビューを見ていて思ったのは、子どもの頃は私同様信じようとしていた人が多いこと。

ナルニア国は、大人になると行けなくなるんです。あ~これが大人になるってことだな、と。

 

 

私はまだまだナルニア国に行きたいです!だって!ばぶだもん!イヤイヤ期到来してますもん!

やだやだ!まだまだ子供でいたい!

 

 

童心を思い出したい人に「ナルニア国物語」。

勉強の合間に一息してみませんか?

前回のおすすめ映画はこちら

 

 

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG