回転寿司で命の価値について考える。

寿司が好きだ。そりゃもう毎日食べていたいくらい。

特に回転寿司は1皿100円というお手頃価格、万年金欠大学生にとって夢のようなレストランであることは間違いない。なんてことを考えていたらふと思ったことがある。一皿100円という価格帯の中で、最も賢いチョイスとなるネタは何なのか、と。

値段というものは人間が決めた基準であり、全て人間目線で定めれている。「これが美味しいから」、「これが人気だから」という主観的な観点を取り払って考えるとすると、議論の基準となるのは、そう、命である。

ここからは「お皿の上に乗っている生物としての個体の数」、つまり命を一皿あたりの価値として考えていこうと思う。

えびや貝は基本的にからだの大部分がそのまま食材として使われ、一貫あたり1〜2匹、これがお皿に二貫のれば一皿あたり2〜4命程度になる。

マグロやブリなどの大型の魚のネタはこれよりも価値はぐんと低くなる。食材としてよく使われているクロマグロは 400 kg 前後。ネタとして使われる重さはせいぜい 20 g 程度であるため、これが二貫のってもマグロ皿一枚あたりの価値は 「一万分の一」命となる。

20g × 2貫 ÷( 400000g/命 )= 1/10000 命

 

この理論で考えた時に最強に君臨するネタが、そう、「とびっこ軍艦」である。

軍艦に乗る体積はおよそ 5 cm^3 程度とし、1粒の直径1mm~2mm程度(1.5mmとして計算する)であるとびっこが、隙間なく乗っているとする。するとお皿一枚、二貫あたりおよそ700命ほどの価値があると考えられる。

5000mm^3 ÷ (1.5mm ×1.5mm ×3.14 /命)× 2貫 ≒ 700命
本記事では「命」という一つの個体として存在できる単位を用いた。これを、「一皿あたりに存在する細胞の数」として同じように計算したらこれほど極端な価値の差は生まれないのではないだろうかと思う。

 

生命とは尊いものだ。この世に生を受けたものは皆、やがて老い、死んでゆく。命というものは本来優も劣もなく、全てが平等に同じだけの価値があるのではないか。いや、そもそもこれを比べること自体が間違っているのかもしれない。

 

 

他の記事はこちら↓

考えすぎてみた

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG