mathematics

スランプからの大脱出!〜数学編〜

解答を追っていけば理解できるのに、いざ似たような問題を解こうとすると手が動かなくなってしまう。問題を解いている途中に何をしようとしていたのか見失ってしまう。そんな時には、分野別に細かく確認をしてみることをおすすめします。特に苦手意識がなくても数学の伸び悩みの時期は多くの人が経験することです。
ということで今回は、スランプからの大脱出〜数学編〜をお伝えしようと思います。

点数が伸びない原因3選
①難しそうな問題を見るとすぐに諦めてしまう。
②解説を読んで理解した気になってしまう。
③問題の本質を掴めないまま、なんとなく解き始めてしまう。
数学の勉強で最も重要なことは、一つ一つの問題の本質を掴んでじっくりと解くことです。「とにかく入試本番までにたくさん問題を解いてできるようにしなきゃ!」と焦ってしまうと、つい問題の確実な理解よりもこなす量に目を向けてしまいがちです。どんな勉強方法でも、最終的に本番に引き出せる力を得られたら勝ちです。問題を解く際には、問題製作者の意図を読み取り、問題の本質を考えながら取り組むようにしましょう。また数学の問題は解説を見て分かった気になってしまいがちです。どのような流れで解答にたどり着いたのかをある程度理解したら、もう一度解説を見ずに問題を解いてみるようにしましょう。この解き直しをするかしないかで理解度は大きく変わってきます。
ケース別スランプ脱出法
CASE1 間違った解法に気づけないまま解き進めてしまう

複雑な計算式が出てきたら「とりあえず展開!」と問題をよく読まずに手を動かし始めてしまっていませんか?難関大入試では単純な計算問題が出題されることは少なく、シンプルな式に見えても「うまいやり方が」存在する場合がほとんどです。特に大問では、最初から不適切な解法で解き進めてしまって時間は取られるし得点も得られない、、。という最悪の事態に陥ってしまう可能性があります。「似たような問題をみたことがあるからなんとなくtで置き換えてみよう」と言って、うまくいかなくてもずっと同じ方法で突き進んでしまわないように気をつけましょう。難度の高い大学ほど、解法の発想力が問われる問題が多くなります。最初に問題の全体像を掴み、解き始める前に方針を立てることが大事です。思いついた解法に飛びついてしまうのではなく、それが本当に正しいのか検証しながら解き進めるようにしましょう。万が一最初の方針がうまくいかなくても、ミスに気づいて他の解法を模索できるようなフットワークの軽さを身につけましょう。

CASE2 計算ミスに気づけずに解き進めてしまう

解法が正しくても計算ミスをしていたら元も子もありません。早い段階のミスに気づかずにその大問全滅!なんてことがあったら絶望的ですね。上手な解法が立っても油断せずに、最後まで丁寧に気を抜かずに解き進めていきましょう。小さなミスが致命的な失点に繋がりかねません。計算ミスは罪!の意識を持って処理するようにしましょう。また、問題を解く際に視野が狭くなってしまうとミスに繋がりがちです。目先の作業だけにのめり込まずに、全体を把握しながら余裕を持って計算するようにしましょう。

CASE3 解けているのに答案の制作で減点されてしまう
入試数学の肝とも言えるのがこの答案制作です。限られた解答用紙の中にいかに論理的な展開で解答を述べることができるかが得点を左右します。答案を書き始める段階で確認しておく条件はなかったか、必要な場合分けを見落としていないか、など、与えられた問いから最終的な解答までを論理的に、よりスマートに説明する力を身につけましょう。また、結果が解答と合致していても、途中段階での根拠があやふやであったり、間違った解法の計算の結果、たまたま当たっていた、ということもありえます。模範解答と自分の回答を照らし合わせ、本当に正しいのか、またもったいない抜け落ちがないかなどをしっかりと確認するようにしましょう。問題の解き方をある程度把握できたら全体の論理展開のメモを記しておくのも一つの手です。遠回りに見えても、確実に得点できる力を身につけましょう。
得点力大幅UP!の学習習慣
・初見の問題でも自ら解放を導き出せる力をつける!
・図やグラフを積極的に用いて問題の情報をまとめる力をつける!
・使い慣れた問題集で頻出問題も継続的に問題を解き続ける!
・間違いやすい問題を書き出し、何度も解き直して訓練する!
・解法を理解し、適切な場面で応用できるような力をつける!

さいごに
数学の最大の敵は「焦り」です。受験本番まで時間がない!と焦ってしまうと、問題を解くこと自体に目が言ってしまい、解法の理解と定着が浅くなってしまいがちです。じっくりと問題に取り組み、自分の足りない部分を洗い出し、そしてその部分を克服するように努めていきましょう。
Next ⇨ スランプからの大脱出~英語編~はこちら
NO IMAGE

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。

「やればできる」

その自信こそが受験で得られる最高の宝です。

「やらなくてもできる」「なんとかなる」
そういった過信を捨て、
「やればできる」「なんとかする」
そういった自信を持つ。

どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG