試験当日ミス&トラブル対策~Part1~

共通テストが目前に迫ってきた今、勉強に追い込みをかけている人がほとんどではないでしょうか?
そんな追い込みの時期だからこそ気をつけてほしいのが、「当日のミス&トラブル」です!本番に向け、知識をしっかりと積み重ねていても当日のミスやトラブルによって、普段通りの力を出せなくなってしまっては悔いが残ります。試験当日に落ち着いて受験ができるよう、起きやすいミスやトラブルを紹介すると共に、それらを防ぐ解決策をお伝えしていきます!

 

試験当日・開始前のミスやトラブル

Case1 模試の判定が悪く、自信が持てない

共通テストを1ヶ月後に控えた今、模試の判定が思うように伸びず焦りを感じている人もいるのではないでしょうか。「勉強しているはずなのに、なぜか模試の判定が上がらない。」、「冬になって成績が伸びなくなった。」などなど不安や焦りから自信を持てない人もいると思います。しかし、模試の結果だけを見て自分の実力を決めつけてしまうのは非常にもったいないです。模試の結果はあくまでも目安です。判定を見て、自信を無くしてしまうのではなく、模試の結果を見て自分は何が苦手で不安を感じているのかという事を分析するようにしましょう。苦手な分野・形式を見つけ、そこを集中して対策することによって、得点力を格段にUPさせていきましょう!

 

何に自信が持てていないのかを分析し、集中対策で効率UP!

Case2 忘れ物をしてしまった

試験当日に一番焦ってしまうのが「忘れ物」です!受験票や文房具、時計など受験に必要なものは念入りに確認しなければならないと分かっているにも関わらず、毎年数人は忘れ物をする受験生がいます。ここで、「でも私は大丈夫。」と思っている人こそ危険です。受験などの重要な出来事の際に忘れ物をする人は、そういった油断を持っている人が非常に多いです。今までコツコツ勉強を重ねてきたのに、受験本番の忘れ物によって普段通りの力が出せなかったとなっては大きな悔いが残ります。本番を安心して迎えられるように、予備を用意できるものは用意しておくことや、たぶん入れたではなく、事前に自分の目で最終確認をするなどやりすぎなくらいの確認をすることが重要です。

 

私は大丈夫」を信用しない。やりすぎなくらいの確認を!

Case3 交通トラブルによる遅れ

毎年、受験生を悩ませているのが「交通トラブル」です。交通トラブルは忘れ物とは違い、自分で予測することが難しいものです。特に共通テストや個別試験が行われる時期は、天候が荒れやすいということもあり電車やバスなどの交通機関の乱れによる遅れは頻繁に起こります。そのため、当日は交通による遅れが出ても支障がない早めの時間に会場に着くことができる到着スケジュールを立てておくことが必要です。また、利用しようとしていた交通が止まってしまった時のために、別のルートを想定しておくことや受験会場の場所を事前に把握しておくこと、会場を連絡先を調べておくことなども非常に重要です。どんな場合にも対応できるよう、事前の準備を入念に行い、余裕を持った移動スケジュールを立てることをオススメします!

事前の準備と余裕のある移動スケジュールを心掛ける!
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG