seitaka_awadachi_so

ブルジョアな雑学No.6『背高泡立草』

162回芥川龍之介賞(2019年下半期)受賞作品が古川真人さんの『背高泡立草』に決定しました。作者である古川さんは28歳までニートだったらしいです。そして31歳で今作、芥川賞を受賞。すごいですよね。

経歴も異色ですがタイトルも気になりますよね。背高泡立草、、、。セイタカアワダチソウ、、、。はて?

そんなセイタカアワダチソウには変わった生態があるんです。それは根から他の植物の生育を妨げる物質を出すんです。また、このような効果を出す物質をアレロパシー物質と呼びます。以上です。


その他の記事はこちら↓

ブルジョアな雑学

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG