NO IMAGE

公立高校受験_都道府県別入試出題漢字一覧 〜宮城県〜解答編

~宮城県~解答編

読み

1くだ
2びみょう
3もはん
4なが
5あやつ
6こちょう
7とうすい
8かか
9えいよ
10ひんぱん
11
12すた
13いしょく
14ほんそう
15にご
16
17しゅんびん
18せんりつ
19えが
20すみ
21ほかく
22しょうあく
23おど
24
25しゆう
26けいしょう
27ひた
28
29ちゅうぞう
30べんぎ
31あざ
32いちじる
33よいん
34こくふく
35かわ
36おごそ
37しょうさい
38もうら
39ほが
40
41かんじん
42かいむ
43ころ
44ただよ
45ふきゅう
46ひんぱん
47ただ
48
49こがい
50にゅうわ
51ちりょう
52
53かいが
54ゆる
55ちつじょ
56もよお
57なっとく
58なめ
59はさ
60かえり
61きゅうか
62そうぐう
63げきれい
64しゅし
65そな
66すす
67しじ
68そうい
69じゅよ
70あやつ
71つの
72こんきょ
73てんかい
74うむ
75かたよ
76

 

書き

1木のエダに実がなる。
2新聞をハイタツする。
3日本海エンガンの町を旅する。
4アタタカイ紅茶を飲む。
5アヤマリを正す。
6雪が降りツもる。
7西の空が夕日に赤くソまる。
8ヒンシツ管理を徹底して製造する。
9バスのウンチンを支払う。
10部活動がサカんに行われる。
11長年のコウセキが認められる。
12ジュウオウ無尽に走り回る。
13経済成長がイチジルしい。
14注文をウケタマワる。
15兄は新聞社にツトめている。
16果物がイタまないように包装する。
17昼と夜とのカンダンの差が激しい。
18混乱した事態をシュウシュウする。
19トマトの実が真っ赤にウれる。
20体力と気力をヤシナう。
21消化のよい食事でイチョウをいたわる。
22ドクソウ的な作品が高く評価される。
23議論のスジミチを整理する。
24ツミを憎んで人を憎まず。
25姉妹都市とのシンゼンを深める。
26美しい海をハイケイに写真を撮る。
27開館以来の利用者数はノベ百万人にのぼる。
28ヒタイの汗をぬぐう暇もない。
29日本の主なボウエキ相手国について調べる。
30足跡から動物の種類をスイソクする。
31木の太いミキに両手を回してみる。
32世界平和を口々にトナえる。
33自由がセイヤクされる恐れがある。
34図書委員長としてのセキムを負う。
35弓で的をイる。
36彼の行動は人々に勇気をアタえた。
37会のウンエイを任された。
38一人一人のコセイを大切にする。
39シタしい友人に手紙を書く。
40十分に予習をして授業にノゾむ。
41著名な作家のコウエンを聞く。
42優勝のカンゲキに浸る。
43夕焼けで空が赤くソまる。
44アタり一面の銀世界に驚く。
45気分転換に公園をサンサクする。
46徒然草はテンケイ的な随筆文学だ。
47体を力いっぱい後ろにソらす。
48そうじの手伝いをココロヨく引き受ける。
49飛行機のソウジュウが僕の夢だ。
50監督の一言にフンキし、勝利を誓う。
51翼に傷をオった白鳥を保護した。
52古い雑誌をタバねて整理する。
53さまざまな体験を通し、ケンブンを広める。
54ソッセンして委員会活動に取り組む。
55庭の草花にヒリョウをほどこした。
56無駄をハブいた練習をする。
57打球によって窓ガラスがワれた。
58どんなことにもセイジツに対応したい。
59どのケイレツのテレビ局でも放送する。
60カチ観の異なる人の意見。
61四季の美しさに囲まれてクらしてきた。
62今日の仕事がスんでほっとしている。
63山のイタダキをめざして登った。
64親友のやさしい言葉にスクわれる。
65新人賞のコウホに選ばれる。
66ピアノのエンソウをする。
67文化祭を成功にミチビく。
68試合を前に、英気をヤシナう。
69練習方法をクフウする。
70クラス委員の負担をケイゲンする。
71オサナい頃の思い出。
72友のヤサしさにふれ、感激した。
73勇気とシンネンを持って行動する。
74試合が始まって三十分がケイカした。
75大会終了後ジュンイを発表する。
76漢字のブシュの意味を辞典で調べる。
77久しぶりになつかしい母校をホウモンする。
78友人に誠意をもってチュウコクする。
79文化祭のプログラムをスってお客に配る。
80友の励ましを心のササえに全力を尽くす。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG