現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

作者の考えや自分の主張をうまく文章にできません。どのようなトレーニングをすべきでしょうか

問題で出た場合はうまく文章にできなくても、なんでもいいから書きましょう。
まず、作者の考えだったり、自分の主張だったりを箇条書きで書いてみてください。
ある程度、かけたらそれらを起承転結や、時系列、考え結果など、文章に即した順番にならべます。そうしてできたものを繋げて文章にしてみてください。
うまく考えを言語化できないのであれば、単語でも略語でも文章にない言葉でもよいので、とにかく書き尽くしましょう。とにかくまず書くことです。

手が動かないようなら、誰かにその話を聞いてもらいましょう。
口を動かすことで、自分の考えの曖昧なところや、伝えたいことに気付けることもあります。
口が動くようになれば、あとはそれを口語から文語に変える練習をするだけ。
そうしているといつの間にか、話すように文章が湧いてくるようになります。

最新情報をチェックしよう!
>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG