現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

サカナクション『モス』

今回は、サカナクションの「モス」という曲の歌詞を考察していこうと思います。

タイトルの「モス」とは英語で、蛾という意味でmothと表記されます。タイトルの通り、歌詞には蛾や繭といった単語が多く出てきます。

「    飛び交う蛾になる   マイノリティ

雨に打たれ  羽が折りたたまれても    」

という歌詞でサビを締めくくるこの曲ですが、いったい何を伝えたいのでしょうか。

注目すべきポイントは、この曲に登場する虫がであるということです。一般的に曲に使われやすいのは蝶などの美しいと思われる虫ですよね。なので、蝶に対して蛾はマイノリティであるということが言えます。

マイノリティとはマジョリティ(多数派)の対義語で少数派という意味があります。この曲は、そのマイノリティな立場にいる人々の前向きに生きていこうとする心情を的確に表現しているのではないかと思います。

マイノリティであるということは、多くの人に受け入れられるのは難しいということです。非難の言葉を浴びせられたり、後ろ指をさされるということも多くあると思います。そんな状況でも、マイノリティであるということを恥ずかしいと思わずに誇りに思って生きていくことの大切さをこの曲は教えてくれるのではないかと思いました。

「モス」はMVも斬新で面白いので、皆さんもぜひ見てみてください。

最新情報をチェックしよう!
>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG