参考書を解く際に毎回最初に戻ってしまうため、一向に進みません。どうすれば不安なく先に進めるでしょうか?

一つ一つをある程度定着させてから先に進むようにされてみてはいかがでしょうか。

多くの場合は、スピード感を保って速いペースで進めていく方が学習効果は出やすい傾向にあります。
実際、そのような学習法を勧められることが多いでしょう。

とはいえそれはあくまで傾向の話。あなたには一つ一つをしっかりと理解して着実に勧めていく学習法の方があっているのかもしれません。
新しい単元に入ったら基礎→応用→繰り返しの演習と一つ一つの単元にしっかりと時間をかけて定着させ、着実に学んでいくことで先の範囲に進んでも自信を持って取り組めるでしょう。

あなたにあった学習ペースを探ってみてください。

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG