現在、子供を大手の学習塾にいれているのですが、一年経っても成績があがらず、別の塾を検討しています。ジークと大手の学習塾の違いを具体的に教えていただきたいです。

大手の塾では例えば集団であれば先生1に対し生徒がおよそ20人で1つの科目、個人であれば1対1であることが多いですが、ジークでは教師1に対し生徒が約4人で、1人の教師が全科目を教えています。
そのメリットとしては、わからないことが出てきたときに過去の内容まで戻って説明できること、また応用範囲もその場で説明できることです。
質問事項、わからないこと、どの学年の、どの問題に関わらず、即時解決が可能です。
これにより生徒の状況に応じた臨機応変な授業が行えております。
分からないことを皆の前で聞けない生徒さんでも、これなら大丈夫!

また、自習の環境も異なります。
大手予備校の自習室は知らない人同士が大勢並んで座るので、漠然と過ごしてしまったり、時には眠くなってしまい、有意義に時間を過ごせないという話を良く耳にします。
ジークでは、授業がない日でも自習室を利用でき、毎日塾長に顔を合わせることで、勉強の進度なども声をかけてもらえます。
自習室の中でも勉強熱心な同期や先輩に囲まれ、「自分もやらなくては!」と切磋琢磨できる環境があります。

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG