tests

希望の高校に受かったのはいいものの、平均点をわることも増えてきて不安です。中学までは上位に入ることがモチベーションとなり、勉強も楽しかったのですが、今は何をたよりに勉強にやる気を出せばよいのか分かりません

高校の内容は、中学内容を深く掘り進めたものであり、問題の難易度も上がる上に、周りの人も受験をくぐり向けてきた人たち、つまり全体のレベルが自分と同じくらいになるため、テストで上位
に入ることは難しくなってきます。
しかし、高校の勉強は今後の自分の人生を決める大学受験に繋がっており、合格には日々の積み重ねが重要になってきます。
毎回のテスト結果に一喜一憂するのではなく、長期の目標を掲げてやってみるのはいかがでしょうか。毎回のテストは最終目標、志望大学に合格するためのいわば手段と考えてみましょう。

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG