dictionary

勉強が楽しい、という感覚がわかりません。あるいは苦痛です。どうすれば、「楽しい」と思えるのでしょうか?

勉強が楽しい、という感覚がわかりません。あるいは苦痛です。どうすれば、「楽しい」と思えるのでしょうか?
得意なことをしているとき、あるいはできることをしているときに苦痛と感じますか?
楽しいとは感じなくとも、苦痛と感じることは少ないのではないでしょうか。
逆に、わからないこと、できないことをやりたくもないのにやるのは苦痛な作業だと思います。
勉強を楽しいとは感じるにはできるようになることが重要です。苦痛と感じている単元を遡ってできるところから再確認しましょう。また、分からないことをなんとなく理解する、あるいは理解したつもりになる、勉強を「しなければならないもの」というイメージから一度離れてみましょう。自分の知らないことや知りたいこと、ちょっと気になったことを調べてみることで、今まで自分の中にはなかった世界の一要素が自分の一部となる感覚が面白く感じられるはずです。
一度面白いと感じてしまえば続けることはそう難しいものではなくなるでしょう。想像してみてください。今まで苦手だった計算問題を今までよりもちょっと早く解き終われるようになったら。人よりもちょっとだけ多くのことを知っていたら。このように1つ1つのできるを増やしていけば、少しずつ楽しいと感じるようになるのではないでしょうか。
・洋画から英語を学ぶのも手かも…?
勉強の合間にオススメ映画
・勉強に関するスランプがある方は是非こちらをご覧ください。
勝利のブログ – 【志望校合格専門塾】 受験サポート塾ジークSIEG
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG