picasso_nakuonnna
芸術の話になると多くの人がこういいます。「芸術ってよくわからないよね。だってピカソの絵とか俺でも描けるじゃん。」うん、私も思うよ。「これ描けるじゃん。」また、多くの人はこうも言います。現代アートとか見ると訳の分からない映像がただ流れるだけのやつとか見ると「俺でも出来るじゃん。」「そうだね、私も出来る。」確かに描ける絵、確かに出来ること。外見だけなら。
私はそこまで芸術に明るくないから詳しいことは分からない。しかし、きっとピカソは当時も周囲の人間からそう言われていたはずだ。「なんだこの絵は、醜悪な。」「これが芸術?おかしくなったのか?」とか。それでも自分の芸術を、内面を曝け出し、それを表現する方を必死に考えた。それこそ人生を賭して考えた。その片鱗を私たちは見ている。現代アートとかもそうではないのか。自分を表現する方法を必死に考え、模索し、やっと叩き出したものを私達は見ている。

しかし、それを描けるだの、出来るだの言うのだ。人が一生懸命やったことを軽んじて。いや軽んじているわけでもない、考えてすらない、気にしていない。だからこそ、そう息するついでに発音するのだ。

いいか、そんなことを平気で口にする現代人よ。気が付けば個性を失う大量生産大量消費を生きる私たちにこそ、ピカソが必要だ。芸術が必要だ。19

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG