桜美林大学 健康福祉学群(一般利用) 合格者の声

siegにお世話になった2年間で「立ち向かう」ことの大切さを

知りました。絶対に避けられないのに、苦手だからといって

得意な科目へ逃げる癖がありました。

私は特に英語の波が激しく、気分が乗らない時がほとんどで、

好きな国語に逃げる傾向があり、自信の課題でした。

しかし、スケジュール管理をされ、嫌でも英語と向き合う時間が

増え、少しずつ目に見える形で努力があらわれ感動したことを

鮮明に覚えています。

苦手なことから逃げていた自分とはサヨナラです。

今後の人生も、何事にも挑戦する心を忘れずに頑張って

いきたいと思います。ありがとうございました。

P.N.バナナスムージーおいしい。

桜美林大学のHPはこちら

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG