現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

みなさんは日本語はお好きだろうか。
私はしばしば小説を読むのだが、小説を読んでいるといい日本語、洒落た日本語に会うことがある。洒落た日本語とは別に横文字のことを指しているわけではないですよ。ちょっと紹介したい。

独り言を言うって言う。でもひとりごつという言葉がある。これが独り言の動詞らしい。よくよく考えると「独り言を言う」ってうざいなと感じないだろうか。「頭痛が痛い」とか「大学に登校する」みたいな(ちなみにこれを重言というらしい)雰囲気がある。「独り言つ」の方が単純明快、かっこいい。

古い、とはいっても近代文学を読むと外来語をカタカナへと変換するときの今と昔との違いがわかる。たとえば梶井基次郎の『檸檬』ではイエローを「エロウ」と読んでいる。きっと当時は今より外来語をカタカナに変換する歴史が浅かったため、yellowをイエローと変換するとか決まった型がなく、自分の耳で感じた音を元に各々が自分の感性でカタカナに変換していたのかなと思う。作家ごとに変換の仕方にそれこそ色が出てて自由でいいなと思うし、社会がまだ「海外」に慣れていない感じが少しかわいい。

日本語っていいですよ。

最新情報をチェックしよう!

毎日コツコツこつたろうの最新記事8件

>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG