English_book

難関大受験 入試直前要点チェック~英語~

 

共通テスト、そして既に受験が始まっている方お疲れ様です。

思うように得点できた人もできなかった人も勝負はまだまだこれからです。

最後までモチベーションを維持しながら、粘り強く挑み続け合格を勝ち取りましょう。

今回は国公立大二次試験直前の学習の取り組み方をご紹介したいと思います。

 

過去問演習と添削で答案作成力の完成度を上げる
何よりも、志望校の過去問演習を繰り返すことで答案作成力の完成度を上げていくことが大切です。
出題者の狙いがを知るため、少なくとも10年分解きましょう。記述問題を解いたら、学校・塾の先生に添削をお願いすることも効果的。客観的なアドバイスを得ることができます。
基本的・標準的な問題を分かりやすい表現で、ケアレスミスなく解くことを肝に銘じてください。
イディオム・構文などの重要ポイント集を作成する
過去問演習の際に、読解問題の英文を上手に活用し、気になったイディオム・構文や英作文で利用できそうな表現をまとめてみましょう。入試問題には優れた英文が数多く出題されています。別ノートにまとめることで、入試本番に持参できる重要ポイント集が完成します。知識を得られるだけではなく、自信にも繋がるはずです。
また志望校の過去問演習は、本番を想定し当日の試験時間で一度解いてみると良いです。自分を客観的に知る良い体験になります。問題の回答順序・時間配分に気を配り、記述問題では確実にポイントを押さえ得点を重ねる回答作りの意識を忘れないように。
そして一番忘れてはならないことは、見直しの時間を必ず取ること。ケアレスミスを防ぐことは確実に得点アップに繋がります。
長文読解問題が苦手。英文の内容理解をするには?
各段落には、主題文+支持文(+結論文)から成り立っています。主題文に続く支持文(+結論文)をしっかり読むことが大切です。
英作文での主語の選び方は?
「人」を主語にし、能動態で書くことが基本です。無生物主語で始めた場合、動詞とのコロケーションで誤る可能性が高まります。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG