nanimono

理系大学生、初心者本読みの感想文No.13『何者』

こんにちは。お久しぶりです。今回は第十三弾ということで朝井リョウさん著の『何者』についてお話ししたいと思います。この本は直木賞受賞作でなおかつ佐藤健、有村架純、菅田将暉など豪華キャストで映画化もされていてまた、この作品のスピンオフである『何様』との累計発行部数は100万部を突破するなど、大変有名な作品であるのではないでしょうか?読んだこと多い方もきっと多いはず。今回はこの本についてお話ししたいと思います。

この本は、まさに最近の若者を風刺しているのではないでしょうか。恋愛、友人、サークル活動、SNSに就活、まさに大学生活そのものだと思います。私には共感できる点が多かったです。なるべく自分を見せずたくないと思う一方で、自分を見せたいという欲を抱えています。なぜ自分を見せたくないか、自分の考えていることを特別なものにしたいという思いからです。これが傷つけられたり、易々と共感されてしまっては自分を『何者』か形作るものがなくなってしまうからです。しかし、勇気を持って外に出してみなければならない。隠し持っているだけでは、本当の意味で自分を規定するものは作れないし、孤独なままだ。そんなことを教えてくれる本だったと思います。学生のあなた、特に大学生のあなたにぜひ読んで欲しい一冊でした。先ほど話に出した、スピンオフの『何様』では解説をお笑い芸人のオードリーの若林正恭さんが担当しているのでそれも含めてぜひ読んでみたいと思いました。ちなみにオードリーの担当するラジオ番組、「オードリーのオールナイトニッポン」私は好きです。関係ないですけど(笑)。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG