chicken_ukeru

ブルジョアな雑学No.17『首なし鶏マイク』

タイトル通り首を撥ねられた鶏の事なんですが、この鶏は首を撥ねられてから18ヶ月も生き続けたそうです。なぜ生き続けられたのか、それは首を撥ねられても脳幹が残っていたためだからだそうです。このまま生き続けられたようですが、主人が餌をやる際に、食道ではなく気管に食料を入れてしまったため窒息死してしまったそうです。18ヶ月飼っていた飼い主に驚愕です。


他の記事はこちら↓

ブルジョアな雑学

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG