NO IMAGE

~佐賀県~

 

下線部の漢字の読みを書け。

1言葉が透きとおってくるまで削る。
2「言葉のダシのよく効いた」日々のリテラシー。
3それを今日の私たちも何となく受け継いでいる。
4自分がどのような感情に浸されているのか……。
5うわべを繕う。
6実用の対象に施された美の表現。
7レジの前でケータイをかざすことを薦められる。
8代替のメディアを構築する。
9大切にするのだという発想に基づいている。
10言葉の刺激を経験全体に及ぼす。
11相手と話している文脈を維持する。
12その都度いわば「買い替え市場」が発生してきた。
13最低限の生活必需品さえ充足できない生産水準。
14製氷するとき気泡を抜かないと、氷が白く濁る。
15旅に漂泊することは生涯をかけたカタルシスだ。
16人間にはその機能が備わっている。
17自分を認識できないことを示唆している。
18手順を守り、漏れなく考えるべきことを考える。
19論理を逸脱し、辻褄が合わなくなる。
20薬剤への耐性を身につけて薬が効かなくなる。
21大きく旋回する。
22神道は自然崇拝をもとにしている。
23文学・能・歌舞伎・絵画。
24白いシャツは裂けて泥まみれだった。
25馬に乗ることの是非はたださなくてはならない。
26雑木林の土はやわらかい。
27「杞憂」という概念。
28天井が崩れ落ちる。
29事実が平明に述べてある。
30太陽は愛情や寛容のシンボルと考える。
31若者は辛抱という言葉を嫌う。
32田舎でのんびり暮らす。
33失敗をして自身を喪失した。
34憧れを募らせる。
35殺伐とした町並み。
36崇高にして重要な聖職。
37吹雪の中をさまよい歩いた。
38この物語を何回も読み、その度に涙を流した。
39ドイツ語から翻訳した言葉。
40偏った見方。
41体操選手が妙技を披露する。
42生産第一主義が潜んでいる。
43とても短絡的に展開された論調。
44危うくなってきた。
45思いを巡らす。
46仮病を使う。
47自分で納得しうる哲学。
48カネを稼ぐ。
49鶏を飼う。

 

下線部の漢字を書け。

1時間をタンシュクする。
2アクが浮いてきたら掬ってすくってスてる。
3心臓やノウの動きで生死を決める。
4こういう環境の下でクらしてきた人々。
5子どもはマヨったときに他者の顔をうかがう。
6当然のキケツであったと言えるのではないか。
7パワーが、文化力のコンカンとなりうる。
8それは社会的に埋め込まれたヤクソクである。
9もう一つワスれてはいけないものがあります。
10資源の枯渇がサケばれる。
11さまざまなリョウイキの人と対話する。
12新しいライフスタイルのテイアンになった。
13ケータイやパソコンはそのテンケイであろう。
14こういう静寂は一種の騒音コウカをもつ。
15ときとして、とんだシッパイをやらかす。
16すりむいて出血しても、ヘイゼンとしている。
17新しいテンカイが望めない。
18ヨケイなことを考えたりする。
19手順にソって考える。
20自然と人間社会をメンミツに線引きする。
21人のクらしそのものが生態系を作り出す。
22なんだかテれくさい。
23自然とキョウチョウして生きる。
24自然は人間をツツみ人間と共存していく。
25自然と人間の共存をタッセイし、関係を取り戻す。
26げんは自分の手にオえないことを悟った。
27話はタンジュンになってくる。
28碧郎はまだコウフンもしていた。
29力をエイゾクさせる。
30畑をタガヤす。
31食物連鎖をケイセイする。
32食物をキョウキュウする。
33自然サイガイ。
34シンコクな問題。
35雑貨店をイトナむ。
36理詰めでは、人はなかなかナットクできない。
37世界イサンである万里の長城。
38ベンリな道具を使う。
39家の中をセイケツにする。
40汚染物質をタれ流す。
41どうせ残ったらスてるしかない。
42ケーキのハコを振りまわして歩く。
43温かなコウチャを注いだ。
44駅前に惣菜センモン店ができた。
45アヤういところを助けられる。
46あるザッシに絵本を寄せた。
47ある雑誌にヨせた絵本。
48アブないすすめ方。
49イチゲイに秀でる。
50みんなニたような知識を共有する。
51先入観をスてる。
52コウリツよく生産する。
53考え方にもハンエイしている。
54日本の古典舞踊にアツい視線を注ぐ。
55主体とキャクタイを区別する。
56お茶の味はコトなる。
57「物語」のデントウがある。
58社会形成のコンカンをなす。
59運動をテンカイする。
60彼女にカりができる。
61栗をヒロう。
62われわれにとってフカケツな価値判断。
63普遍性を持つことは極めてコンナンである。
64機能をハたす。
65ヒタイを床板へこすりつけて頼む。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG