NO IMAGE

~大分県~

 

下線部の漢字の読みを書け。

1命の尊さについて諭す。
2辺りが静寂に包まれる。
3謹んで哀悼の意を表する。
4新規事業を企てる。
5人類に対する警鐘。
6裁判官を罷免する。
7いまの状況を把握する。
8その種が担っていた役割が損なわれていった。
9ネットワークの恩恵にあずかっている。
10三十キロまでの私を導いてくれた宗方さん。
11笑い、涙、震え、その他さまざまな反応や動き。
12回路は、その都度、強化される。
13ごく自然体で船が操れる。
14自分の進む針路を決めるんだ。
15自分の意識下に潜っていく。
16私の話を聞かずに言い募る。
17人里は、原生林の暗く湿った状態とはちがう。
18エコトーンは自然の再生、更新の場である。
19エンジンの音に紛らせて、うめき声を漏らす。
20それが、科学・技術が永遠の普遍性を保つ。
21車中で、平気で携帯電話をかけるのに遭遇する。
22右脚のふくらはぎに違和感を覚えた。
23草太は慌てて首を振った。
24両者のあいだに接触する契機は存在していない。
25草の葉を揉んで傷口に押しあてる。
26穏やかな声。
27高度成長期を経て、森を守れなくなった。
28今日は都合が悪い。
29彼は勘がいいのでだませない。
30血液の流れるによって、生命活動が維持される。
31歩く格好がおもしろい。
32戦いを挑む。
33万事がオートメーション化されている。
34小鳥には若干の強敵がいる。
35自分の脳の好みだと錯覚しています。
36「好み」を開拓する努力を怠らない。
37その人は、丁寧に頭を下げた。
38ぼんやり水を眺めた。
39可能性を知らせる警鐘。
40飛び上がりたいのを我慢する。
41唐突に冷たい涙が流れ落ちた。
42地球上の未知の世界。
43目を向けることを強いた。
44単純で粗野な言い方。
45彼女は凍った馬の両眼が溶けてくるのを見た。
46高温が維持される。
47自分の過ちに気づく。
48夜空を仰ぐ。
49論理が飛躍する。

 

下線部の漢字を書け。

1電車が朝日をアびて走る。
2目印としてハタを立てる。
3二列ジュウタイで歩く。
4チームをヒキいて大会に参加する。
5母親が保育園に子どもをアズける。
6ピアノのエンソウ会に招かれる。
7絵梨花と悟がまた言いアラソいを始めた。
8大きくカマえていられる。
9本がたくさんシュウノウされている。
10最後の四キロにソナえようとする。
11かなり足にフタンがたまっているようだった。
12万国ハクラン会のシンボルマーク。
13瓶をヒロい上げる。
14反射的に「これだ!」とカクシンを持つ感覚。
15つかんできた自分コユウの感覚。
16レイゾウコを開ける。
17ガラスのウツワに入った、へんな色のもの。
18種子が、日光にうながされてメを出す。
19回数券は一枚ずつヘっていく。
20ケイサツに捕まる。
21生けるものがそれぞれの生物時間をキザんでいる。
22草太としてはフクザツな気分だった。
23あるハンダンに到達する。
24国際的対話の場にノゾむ。
25踏みカタめられた山道。
26森林には人間の暮らしに不可欠なヤクワリがある。
27都市の人々と農山村の人々がレンタイする。
28ほてったヒタイを冷やす。
29カリに血液の流れが止まったら、それは死だ。
30最もコウカ的な方法をさがす。
31山のイタダキを見る。
32セイゾウが機械化された。
33その感動が、彼の一生をササえていく。
34林の中でひときわケダカく目立つ櫟の梢。
35この地に生きるシカクがあるのだろうか。
36この「飽き」の問題にタイショする。
37コマかい買い物。
38画期的な薬品が開発されたジレイ。
39多彩なイデンシが地球上に保存される。
40その家は案外カンタンに見つかった。
41これほどの紀行のフモウな時代はない。
42一瞬を心にキザむことのできる人。
43暗さにはヨウイになれてこない。
44そこをクウソウする。
45細心の注意をもってノゾむ。
46センレンされた敬語を使える。
47ムチュウでどなる。
48自分の耳にトドく。
49公害をヘらす。
50タイサクをとる。
51イガイに背が低い。
52出会いはいつもヨキしない発見である。
53テンボウがひらけてゆく。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG