~新潟県~

下線部の漢字の読みを書け。

1試合に備えて、体調を整える。
2スキーの技術を極めたい。
3友人からよい本を薦めてもらった。
4寸暇を惜しんで研究に取り組む。
5図書館で美術全集を閲覧する。
6「感動」とは「肯定の感情が世界を覆う」ことだ。
7読む者の心を揺らす明澄な思考のことば。
8太田省吾の思索は始まる。
9強い感情に襲われたことへの照れからくるもの
10金づちが打ちつけられるたびに鋭さを増す。
11その若い職人の真剣な姿に感動した。
12その若い職人の精魂を込めた仕事に感動した。
13ものづくりに携わる。
14木と土の香りがほのかに漂う。
15風景画を、順次眺めていく。
16ひとり家路を急ぐ子どもの、赤い防寒具。
17街の明かりが無性に恋しく感じられた。
18澄みきった青空と鮮やかな太陽。
19遊び疲れると祖父母の家に帰る。
20質素な花火大会。
21辺りは静寂に包まれる。
22騒音に邪魔されることなく、風の音が響き渡る。
23生い茂る若葉の緑は鮮やかだ。
24崇高な姿に成長する。
25どれだけの人が、この木を仰いだのだろう。
26冬のなごりを惜しむ。
27色彩豊かなウェア。
28雪の塊の縁は、研磨したように透明に輝く。
29雪解け水は、大地を潤すのだろう。
30春の海は、冬とは違う穏和な表情をしている。
31何隻かの小型の船が出発していく。
32表面を装飾する様々な模様。
33自然の作り出す造形美に魅せられる。
34木々に覆われた山。
35顔を上げる余裕はない。
36葉にたまった露が風に吹かれて落ちてくる。
37水筒の水を飲む。
38ひとときの憩いを求めてベンチに腰をおろす。
39幼い子どもたちが集う。
40時間の流れが緩やかになっていくような気がする。
41無邪気な子どもたち。
42下町の面影を残す路地。
43美術館には庭園が併設されている。
44趣向を凝らした展覧会。
45展覧会を開催している。
46新しい出会いに胸を躍らすことになる。
47二十年ぶりに紙幣を一新することになった。
48一葉の肖像が、新紙幣に採用される。
49女性がお札に採用されるのは珍しい。
50男女共同参画社会の推進。
51景色を描写する。
52どんな素朴な質問でも結構です。
53一点を凝視している。
54得点の分布に偏りがみられる。
55余暇を楽しむ。
56迅速に行動する。
57率先して仕事をする。
58つぼみが膨らむ。
59状況を把握する。
60著しい進歩をとげる。
61抑揚をつけて話をする。
62帰途につく。
63もめんの布を裁つ。
64任務を遂行する。
65この文章を削除する。
66言葉を慎む。
67機会を操作する。
68塩水に浸す。
69手紙を開封する。
70原稿を執筆する。

 

下線部の漢字を書け。

1ウチュウから青い地球を眺める。
2記念碑のジョマク式が行われた。
3期限を確認し、書類をユウソウする。
4スミやかに道路の補修工事に取りかかる。
5日ごろの努力がチームを優勝へとミチビいた。
6「肯定の光景」とは具体的に何をシメすのか?
7人間のスガタが見えない。
8照れからくるものだとサッするにとどめる。
9「肯定感」は意味やカチによるものではない。
10今でも覚えているヨウショウのころの情景がある。
11鉄を金づちでたたく音がタえることなく聞こえた。
12キボの大きい工場。
13今も私の心にキザまれているあの鉄工所の情景。
14その古民家は、内部をカイシュウし、公開される。
15細部をハブいた明快な構図。
16アツい雪に覆われた街の表情を描きだす。
17寒風に揺れるショクドウののれん。
18清流を臨むテイリュウ所でバスを降りる。
19祖母のオダやかな笑顔。
20オヨいだり、魚を捕まえたりする楽しい時間。
21マドを開けると、稲穂が揺れているのが見える。
22高原の空気は、自然の香りがユタかだ。
23自然のエンソウする音楽に耳を澄ます。
24両手を広げて幹を抱えても、とてもトドかない。
25けやきは実にのびのびとエダを広げる。
26スキー場のシュウヘンを散策してみる。
27春の訪れをツげるふきのとう。
28雪からはセイジュンさを与えられる。
29長いタビジにつく。
30既に日はとっぷりとクれていた。
31波がハコんできた貝殻がたくさん残されている。
32様々なシュルイの模様。
33しばし目をトじて、遠い海に思いをはせる。
34ヒタイから流れ落ちる汗。
35目の前に明るいコウケイが広がった。
36自然のいぶきをムネいっぱい吸い込む。
37ツメたい水を飲む。
38公園をサンサクする。
39オサナい子どもたち。
40シャボン玉がシュウイを漂う。
41シャボン玉にイキを吹き込む。
42通りに面して立ち並ぶコウソウ建築に圧倒される。
43ジュウタク地の一角に美術館があった。
44完成までに数年をツイやす。
45キョウド出身の若手芸術家を紹介する。
46ここをオトズれる人々は、一部の愛好家だ。
47夏目漱石のカオが千円札から消える。
48漱石にかわってトウジョウする。
49細菌学者としてコウセキがある。
50男女共同参画社会のスイシン。
51夕食前にシュクダイを終わらせる。
52東京までのオウフク切符を買う。
53サクバンから雨が降り続いている。
54彼はいつもホガらかに笑う。
55ハナタバを贈る。
56新しいヨウフクを着る。
57この問題はヨウイに解決できる。
58彼は貴重なソンザイだ。
59クチブエを吹く。
60ケンコウな体をつくる。
61書店をイトナむ。
62カンケツに説明する。
63紙くずをヒロう。
64車が一時テイシした。
65ダムをケンセツする。
66コクソウ地帯を行く。
67友人にソウダンする。
68品物をカりる。
69宣伝のコウカが現れる。
70期限をエンチョウする。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG