NO IMAGE

~長崎県~

 

下線部の漢字の読みを書け。

1日射しを遮るものはない。風もない。
2生命の歴史に時間の変遷が隠されている。
3自然は変化を通じて抑揚をつけてきた。
4サッカーに関係する仕事に就いて、経験を積む。
5まず、輪郭を描くことから始めたい。
6イライラしたり、ふいに機嫌が悪くなった。
7みつ子は、けっこうな衣装持ちになった。
8異なる脳の活動モードを交互に繰り返す。
9強く拒むでもなく、ついもらってしまった。
10美醜とは無関係の、敬意に近いもの。
11見た目の類似性による「同じ」という認識。
12動物と人間の知性の違いは甚だしく大きい。
13前日降った雨で幾分水かさは増していた。
14翌日、案の定、その本はごわごわになった。
15古歌に託された心象と自分のそれが重なり合う。
16小娘を相手に大人気ない。
17次第に子供の口調に戻って、加代は訴えた。
18加代は慌てて布団をかぶった。
19この仕事をすれば報われる。
20一球一球解れを繕い、表皮を磨く。
21一塁側のスタンドをため息と悲鳴が覆う。
22期待に沿おうというように自分を促す。
23容赦なく光と熱を撒き散らしている七月の太陽。
24彼は、生物は「環境世界」に住んでいると唱えた。
25あまりにも規模が大きく、強力になる。
26歯の治療を半ばで放り出す。
27外の景色に気を紛らせる。
28父の顔を見た途端、うそを言ってしまった。
29自分の役割を遂行する。
30平穏な生活。
31一時の衝動に駆られてしまった。
32少年の澄みきった瞳には、驚嘆の色が窺われた。
33図鑑に載っていない蝶をつかまえた。
34読者のために、叙述を工夫する。
35先生は、穏やかな口調で言った。
36希望者を募った。
37これが、確かな証拠です。
38それは、よほどの鍛練を経ないとできないことだ。
39少しは励ましてくださいよぉ。
40スタート台から眺めるプールの景色。
41虚偽というよりも面白いお話。
42「ウソ」も「虚偽」も一括する。
43そんななりのまんま慌てて……。
44さっと、生気が漂った。
45価値を発見し、それを授けてもらう。
46「外にある権威」だけに準拠する。
47もう随分と長い時間が過ぎた。
48首を振ってその幻を打ち消した。
49辺りは何も聞こえなかった。
50奥に鼻水の苦さが逆流した。
51懲りているはずなのに。
52遠くの任地に赴く。
53硬直したように立ちつくす。
54路傍に地蔵が並んでいる。
55山の頂にたどりつく。
56座敷にもどる。
57上級生とでも充分競いあえる。
58抗弁するようにいう。
59大胆になる。
60そんな気持ちが心のどこかに潜む。
61役者の所作。

 

下線部の漢字を書け。

1足もとに気をクバる。
2強くテりつける太陽。
3いかに読み解くかは人類のヒガンであった。
4夏の日差しを長いあいだアびて疲れた。
5年寄りの出るマクじゃない。
6自分に対して、仕事上のケンゲンを有する上司。
7場の転換を、この息づかいはササえている。
8みつ子がアズけられるというので、良太は荒れた。
9ひらめきが訪れるホショウはない。
10先にノべたように、……。
11三角定規を黒田さんからカりる。
12新しい住所を知らせるとヤクソクした。
13認知カクメイともいえる認識の変容。
14これが原因で貸本をキンじられるのが辛い。
15雅彦は途方にクれた。
16歌と感覚のあいだにカイロが繋がる。
17ジシャクが鉄粉を引き付ける。
18ヤハンに目をさました。
19カセツ住宅に暮らす高齢者を訪問する。
20突如すごい行動力をハッキする。
21一塁側のスタンドをため息とヒメイが覆う。
22監督が立ち上がり、審判に選手交代をツげる。
23キビしくその問いを自分に突きつける。
24人間が社会的にオわされている社会的役割。
25キンニクが落ちている。
26ライバルがへる。
27赤外線を感知するキカン。
28ヒタイの汗を押さえる。
29社会生活をイトナむ。
30センモン用語を使う。
31この蝶の分布クイキははっきりとしている。
32道に落ちている石をヒロう。
33神のソンザイを信じる。
34感動で、ムネを詰まらせた。
35ジュウバコのものを召し上がっていただく。
36機がまだジュクさない。
37三年レンゾクして大会に出場する。
38小さな波に太陽がハンシャしている。
39セイケツなプール。
40キケンのないプールがボクには合っている。
41むだ口と意にカイさない。
42何の用かとウタガわしそうにきかれた。
43急ぎのトドけものを持っていく。
44ケイザイ的なものだけとは限らない。
45キソクで決まっている。
46じぶんのカンバンであるはず。
47鏡にしてそこにじぶんをウツす。
48家畜がムれのなかへと入る。
49ある意見のハイケイに存在する。
50手軽にソウゾウできる。
51さまざまな分野にセンモン家がいる。
52日々イトナまれる穏やかな生活。
53人間的なソクメン。
54完全な翻訳はムズカしい。
55カンシンを向ける。
56反動がおこるとヨソウされる。
57ジコウのあいさつ。
58タえず水が涌きだしている。
59愛のコクハクをする。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG