~石川県~

下線部の漢字の読みを書け。

1人間の志向を示唆する実験例。
2理論をつくり、それを試す。
3神社の境内で、神楽がおこなわれていた。
4危うい瀬戸際を切り抜けた安堵。
5人間の発達を著しく促した。
6働くことと享受することの分化も生じる。
7太古の気配をもつ風景。
8ぼくたちはあわてて駆け出した。
9観察されたものを吟味する。
10こういった疑問を見逃すことになるだろう。
11その場にしゃがみ込んで顔を覆ってしまった。
12帰郷したお兄ちゃん。
13同じ書家の作品が対になって並んでいた。
14どちらも絶妙な出来映えだった。
15書と下地の紙の選択、縁取りに使用した錦繍の帯。
16名の付いた工芸品は、楽器、硯にまで至りました。
17茶会を主催した。
18たとえようもなく美しい凝縮された大空間。
19古い楽器の優れたものには名が付いている。
20応急処置の誤りや行き過ぎを是正してゆく。
21スクールはスコレーという言葉に由来している。
22「スコレー」と結びついた人間の営み。
23極めて長い迂回である。
24一時間の休みを省いて五時間も出汁巻きを作った。
25台所中に出汁巻きの甘い香りが充満した。
26父が私に望んでいることが次第にわかりはじめた。
27それまでとは逆の状態が訪れたのだ。
28光が淡くやわらいできた。
29高価な食材で凝った料理を作る。
30余韻もなにもかき消えてしまう。
31もう猶予がない。
32森を管理する必要上、伐採もやむを得ない。
33自然を破壊する傲慢さを厳しく戒める。
34障害のために狭まっていた世界が開ける。
35生物としての基本的な世界観が欠如している。
36写真館で肖像を撮ってもらった。
37注意を促す。
38身の丈以上の見栄ははらない。
39口がさけても、愚痴は言わない。
40コンピュータを操作する。
41食事を済ませる。
42微妙な誤差を修正する。
43店員を雇う。
44マーケティングの手法。
45便利な使い捨て文化に浸る。
46環境を汚さない。
47「大江戸エネルギー事情」などの著書がある作家。
48この時感じた快さは今に忘れない。
49休みもなしに刻々と交替してゆく。
50朝の光の素晴らしさを全身で叫んでやまない。
51絵画や音楽での、表現を好んだ。
52方言撲滅を掲げる。
53方言についての考え方を尋ねる。
54バイリンガルであることが背後にある。
55その最も顕著なもの。
56いれものの鉢。
57貧相な価値のないもの。
58怒りは感じなかった。
59多分に甘美だ。
60過ちとして殺生する。
61隣家と仲良くなる。
62雪に閉ざされた極寒の地。
63地元の新聞。
64手荒に扱うとすぐ壊れてしまう。
65日本人は、古来、自然に親しみをおぼえてきた。
66日本の城は木と土の合作だ。
67大陸の文化が鉄と石によって維持されてきた。

 

下線部の漢字を書け。

1できないので、ナげ出してしまう。
2支点はどの辺にありそうかをスイソクする。
3ハイケイの高さを少しずつ変える。
4敵に取り囲まれて重傷をオったスサノオ。
5文明が進んでもこのジョウケンは変わらない。
6内山節の「稼ぎ」と「仕事」の区別をカりる。
7北極海エンガンを飛ぶ。
8まだ人間の手がトドかない原野。
9経験をツみ重ねる。
10自分にとって不リエキになる。
11いつも家事にオわれているお母さん。
12役に立ちたいっていうか、親コウコウしたい。
13観客のハンノウを期待する。
14映画のスジについては、理解していなかった。
15女性がテれている顔が映る。
16木のミキ。
17生存キョウソウに落伍して、途中で折れている。
18そんなケントウで推定年数をつける。
19年をへたこの木ある故に、古株は残っていた。
20おニワから見えにくい。
21セすじをのばして空をあおぐ。
22三日月のごレンラクうれしかったです。
23馬頭琴のメイシュの来日を告げる記事。
24この定義は、アンガイ古典の本質を衝いている。
25天体の運行をタイケイ的に説明する。
26問いをサガそうとすることを読者に要求する本。
27古典とヨばれる本から、読者は問いを発見する。
28従来、「緑の存在」がネントウに置かれてきた。
29当時のケンブンキをひもとく。
30水の存在は、最近まで注目をアびてこなかった。
31「低水工事」から「高水工事」への転換がオきる。
32芸術のキュウキョクのテーマ。
33他者との関係をキズく。
34若者のプライドをソコなう。
35シュウシュク自在、柔軟に対応してくれる。
36青空にトドくとふっと消えてしまう。
37沢までのオウフクをもう一度やる。
38こういうキビしさはどこか小気味がいい。
39タンジュンに信じていた。
40リッパに脱皮した大きな蝉。
41椎の木のミキ。
42蝉の抜け殻をヒロう。
43子供が蝉の抜け殻にキョウミを持った。
44山間の林をサンサクする。
45雨をしっとりとスって、重たげだ。
46打撲キズをオった。
47頭の中がコンランし収拾がつかない。
48地球サミットでもカクニンされた。
49今から木をウえる。
50人里ハナれた奥山。
51生物間のキョウソウに打ち勝つ。
52言葉が完全にジュクす。
53今そのゲンコウを見る。
54ハンセイキ以上もの間。
55同じようにムカえてくれる。
56左遷されて地方で二年クらした。
57人生経験もホウフであった。
58カレーズは地下20mのところにホりつがれる。
59たいへんなロウリョクである。
60エンソウしてみたくなる。
61数ばかり競うケイコウが認められる。
62網をフらない。
63トンボ王国をカクとする。
64イッシュン目を疑った。
65一瞬目をウタガった。
66ニクガンで直接見る。
67地球のウラガワにある遠い国。

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG