~茨城県~

下線部の漢字の読みを書け。

1デジタル技術が導いたのは映像。
2極端なまでに凝縮した部分。
3「風景」全体を一挙にとらえる。
4鮮やかな色。
5砂と波が織りなすパターン。
6山村の瓦と、漁村の瓦が違って見える。
7社会性を支えている倫理・規範・価値観。
8伝承の機会が著しく減少した。
9緩やかな共同体として連帯する。
10どんな形の社会や街がもっとも好ましいか。
11ファーストライフは大きな負荷となっている。
12安心して気持ちのよい雰囲気。
13日本列島に渡来した米作を中心とする農耕文化。
14焼畑の営みが、昭和二〇年代まで続けられていた。
15四季の推移とともに織りなす田園の情景。
16だれかのヘマだと解釈し、科学を擁護する。
17深入りしない分だけ害悪を被ることが少ない。
18極端な描写だ。
19双方が利益を得るようにした。
20自然界と人間は、まさに共進化を遂げてきた。
21耐性を身につけて薬が効かなくなる。
22一般に「祖先崇拝」と呼ばれるもの。
23何十年と働き続けてこの田を開墾した。
24具体的に想像する力を私達から奪っている。
25現代社会は科学を基盤に置いて作り上げた。
26コンピュータを駆使する。
27自然は心を慰めてくれる。
28万全を期する。
29作ってみると、途端に狂いの出ることがある。
30残ったストレスはまた新しい平衡状態に移行する。
31たくさん食べて、栄養分を稼ぐ。
32貧しくて生活に困ることを貧窮するという。
33深刻な食料難に陥る。
34静寂(例文なし)
35月が欠ける。
36一斉に首をふる。
37ぼんやりと輪郭を失っていた。
38すばやい息継ぎ。
39自分自身誇らしい気分になった。
40いちばん頑丈かもしれない。
41多くの生徒に慕われている。
42父といっしょに芝居をやった人。
43境内を案内する。
44身体で覚えた歩幅。
45絶叫に近い声がでる。
46海草が岩礁に砕ける。
47鼻の中の粘膜。
48新鮮な魚介類。
49マチコは雄一のことを雄一くんと丁寧に呼んだ。
50ゾッとするほど冷たい水が足を覆う。
51海は透き通っていて、深さがわからない。

 

下線部の漢字を書け。

1先輩の荒いイキづかいが聞こえてくる。
2ヒクい声が聞こえた。
3わたしは取りノコされる。
4ボールを使っての練習はツヅけた。
5ぼくは、コウフンしてよく眠れずにいた。
6試合開始は十時のヤクソクだった。
7昔は職人にマじって旋盤回しよったでしょ。
8遺影の祖父は記憶よりも少しワカい。
9どこかテれくさそうではある。
10太い眉が、何だか今日は力なくウツる。
11後悔でムネがいっぱいになる。
12花岡さんがしきりに首をヨコに振っている。
13僕のなかで悲哀にニた感情が弾けた気がした。
14コオリが解ける。
15ゆっくりとヤサしい微笑に変わっていったのだ。
16ラジオは雨に負けないようなイキオいでわめいた。
17海で仕事をするのにジュウヨウな講義である。
18親方はロウガンキョウをはずした。
19サイバンで負ける。
20ショウバイやったって、失敗してしまう人いる。
21窓際にオかれた鉢植え。
22女衆はムラがる子供たちに菓子袋を手渡している。
23長い髪を三つアみにしている。
24こんなにカンタンなら、もっと早く……。
25祖父の広いヒタイに蜜蜂が止まった。
26相手をユルす。
27怖れで動悸がハゲしくなる。
28ヨケイなおせっかい。
29彼の実力をミトめる。
30できるかどうかタメしてみる。
31アブなっかしくて見てられない。
32皿を乾燥機にナラべる。
33ササえあうとか助け合うとかする。
34ムカシから色々な議論があった。
35目はタンなるカメラではではない。
36カメラでいえば、フィルムにソウトウする。
37花を色や形でヨソオう。
38香りをノゾいた液を混ぜる。
39それぞれのカブがつぼみを開く。
40スワって、ぼんやりしている。
41人為的なシュウカン。
42「エンピツ」とはコトなる。
43気流のミダれ。
44大きくフクザツな望遠鏡。
45重要な役割をオう。
46ジュンビはいいかね。
47おばさんがキビしい声で言った。
48シュウマツにデパートに運ぶ。
49木をウえる。
50荒廃が進む森林をホウチしておいてはいけない。
51樹木はフウセツに耐え、生き残る。

漢字一覧Topに戻る

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG