~群馬県~

下線部の漢字の読みを書け。

1訓練と才能。
2澄んで、汚れていない水。
3美は、生活の周辺にある飾りのようなもの。
4美は、私たちの生を根底において支えているもの。
5みんなの頭に浮かぶ色。
6ネズミの色を灰色と言い換える。
7舗装された道路。
8引き締まった画面の陰影。
9淡い緑の葉を茂らせはじめている雑木林の梢。
10虫の体はあざやかな銅色の金属光沢を放つ。
11鮮烈な赤い花。
12その気配とは、ときに光であり色彩である。
13試してみると、みんな右手の指の方が短かった。
14眼は傍観しているばかりのように思えてくる。
15長い歴史の時間がそこに凝縮されている。
16農家の人は鎌を研いだりする。
17かれは、ある著作のなかで大切なことを言った。
18先日四十年ぶりに訪れて、おどろいた。
19いい街だなあという思いに浸される。
20合成繊維、ビニール、プラスチック。
21そういわれると何となく納得してしまっていた。
22木のことしか知らないというのが狭いのではない。
23徹底的にこだわって、奥義を極める。
24洞察力は単なる物知りとは無縁の世界にある。
25味わったことのない美味に出会う。
26それは大きな勘違いだ。
27常に新しいものを生み出してきた。
28新しい機能を獲得していく。
29大事なものは、包み込んで棚に上げて祀ってる。
30冷静に分析して整理していく。
31ミニマル・ミュージックに影響を受ける。
32直感が導く方向へ行く。
33駅を過ぎると車窓にきらめく太平洋があらわれた。
34ぼくの目には小さな世界しか映っていなかった。
35わずかな沈黙が流れた。
36小高い岬の原っぱに夕顔の花が咲いている。
37科学の画期的な発明。
38入念に調べる。
39新発見によって常識が揺らぐ。
40そうしたバランスの大幅な修正を促す。
41読書を必要ないとする意見の根拠。
42からだでわかっているような事柄。
43優れた著者の言葉によって言語化される。
44市内を循環するバス。
45宇宙から地球におり立った瞬間にも感じていた。
46素朴に疑問に感じていた。
47言葉を超えた生命体同士が共鳴している。
48それぞれの過程で、共鳴という現象がかぎになる。
49風景が微妙に変化する。
50景色を眺める。
51水分をたっぷり含んだ軟らかな土。
52収穫が不可能になる。
53東北の街の郊外。
54細かく光の粒を散らす。
55勢いゆたかに澄んだ水が流れる。
56安易なつかわれ方になじめない。
57便利で快適な生活。
58移動時間の短縮で余裕が生まれる。
59眼鏡に頼って本を読む。
60想像力を鍛えなおそう。
61百メートルを超える。
62木の種属名を挙げる。
63近似しているもの同士の比較。
64用途の多さ。
65実際に聞いたことのある音。
66母親が子供を抱く。
67突然大声で叫ぶ。
68自分がここにいるのは奇跡のようだ。

 

下線部の漢字を書け。

1図書館で本をカリる。
2キビシい寒さが続く。
3石油をチョゾウする。
4町でヒョウバンになる。
5机を窓側にヨせる。
6世界記録をヤブる。
7心身がハッタツする。
8日本列島を車でジュウダンする。
9コマかく調べる。
10新チームをヒキいる。
11公園をサンサクする。
12絵のテンラン会に出かける。
13賞賛の声をアびる。
14門前町として町がサカえる。
15委員会でトウロンする。
16史上初のカイキョを達成する。
17長い髪をタバねる。
18委員長に司会をマカせる。
19偉人のコウセキを調べる。
20世界平和をテイショウする。
21象の走る姿はイサましい。
22手紙をトドける。
23富士山のトウチョウに成功した。
24メンミツに調査する。
25温泉地で旅館をイトナむ。
26生活態度をアラタめる。
27休憩時間をタンシュクする。
28事態のスイイを見守る。
29作品の構想をネる。
30自然災害にソナえる。
31大統領にシュウニンする。
32時と場合に応じたフクソウをする。
33手袋をアむ。
34アルバムでオサナいころの写真を見る。
35瀬戸内海エンガンでは、養殖漁業が盛んです。
36先生は「枕草子」をセンモンに研究しています。
37リンカイ工業地帯。
38セイテツ所を見学する。
39自分の意見をトナえる。
40新しい演技をココロみる。
41金メダルの獲得をヨロコぶ。
42大きめの皿に料理を美しくモる。
43美しい田園フウケイが続いていた。
44日本のボウエキガクについて調べた。
45ユウビン受けを新しいものにする。
46適切なハンダンを下す。
47パーティに先生をマネく。
48タシかな情報を集める。
49屋久島は、世界イサンに登録されている。
50オンダンな気候は、みかん栽培に適している。
51会の進行を、申し出た二人にマカせる。
52運動の後、シャワーをアびる。
53野菜やクダモノを食べる。
54ジュクレンを必要とする仕事。
55希望者がフえる。
56田や畑をタガヤす。
57石油は大切なエネルギーシゲンだ。
58様々な話題をテイキョウする。
59冬の朝のキビしい寒さ。
60次の週にノびることになった。
61貴重品をアズける。
62自分の考えをキョウチョウする。
63選手層がアツい。
64美しいケシキを眺める。
65彼の優しさがハンエイされた考えである。
66音楽にカンシンがある。
67バレーボールのチームをヒキいる。
68川の流れがハヤい。

漢字一覧Topに戻る

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG