NO IMAGE

~愛媛県~

下線部の漢字の読みを書け。

1寡黙な人。
2史実に準拠した小説。
3湖水に紅葉が映える。
4自らの半生を顧みる。
5文章の前後に脈絡をもたせる。
6彼は清廉な人物だ。
7辺りに芳香が漂う。
8相手の真意を悟る。
9学問を奨励する。
10多くの人々の思いが包含された記念碑。
11栄養が偏ると健康によくない。
12仕事を請ける。
13施設の使用を許諾する。
14輸入品が不当に排斥される。
15考え方に隔たりがある。
16音楽が疲れた心を潤す。
17必要な資料を網羅する。
18遺漏のないように準備する。
19販売員を雇う。
20憩いのひとときを過ごす。
21世の中に警鐘を鳴らす。
22紛糾した事態を打開する。
23心得違いを諭す。
24農業に携わる。
25樹木を伐採する。
26その仕事は、町役場の管轄だ。
27学問を究める。
28銅像を鋳る。
29秀逸な作品に感動する。
30水草が繁茂する。
31名手の誉れが高い。
32趣向を凝らす。
33国家の安泰を願う。
34債務を処理する。
35布地を裁つ。
36彼を候補者として薦める。
37軽率な行動をとらない。
38選択教科を履修する。
39新たな事業を企てる。
40我が身を省みる。
41絵画と彫塑の作品を並べる。
42海浜植物を採集する。
43商品を小売店に卸す。
44今年の冬は殊に寒い。
45条約を批准する。
46磨いて光沢を出す。
47秘伝を授かる。
48新聞に記事を載せる。
49図書を閲覧する。
50人生の岐路に立つ。
51心身を鍛える。
52着物を縫う。
53真偽を確かめる。
54もはや一刻の猶予も許されない。
55先生のお宅へ伺う。
56自分を戒める。
57家庭的な雰囲気の店。
58雪辱を果たす。
59新記録に挑む。
60人の手を煩わす。
61優勝することができて本望だ。
62迅速に行動する。
63慌ただしい日々を送る。
64損失を償う。
65文明発祥の地。
66材料を吟味する。
67初志を貫く。
68白い雲が漂う。

 

下線部の漢字を書け。

1計画のコンカンをなす考え。
2今後の身のキョシュウに迷う。
3西の空か赤くソマル。
4銀行に金をアズケル。
5集団のケッソクを図る。
6オリンピックでカイキョを成し遂げた。
7西の空か夕日で真っ赤にヤける。
8久しぶりに顔をオガむ。
9ユウエキな書物を紹介する。
10窓から見えるゼッケイに驚嘆した。
11矢で的をイる。
12正月にシタしい縁者が集まる。
13旅行のメンミツな計画を立てる。
14彼は次第にリーダーとしてトウカクを現してきた。
15枯れ葉がチる。
16イサむ心を抑える。
17研究のリョウイキを広げる。
18ハチクの勢いで快進撃を続ける。
19手紙をトドける。
20忠言は耳にサカらう。
21制度をサッシンする。
22物資を人々にハイキュウする。
23足りないものをオギナう。
24胸に希望をヤドす。
25努力がトロウに終わることなく報われた。
26カクギを開いて、政府の方針を決定する。
27才能をミトめる。
28次の交差点で道を左にオれる。
29彼は、動物園のシイク係だ。
30外国へ行くために、リョケンを発行してもらう。
31竹でかごをアむ。
32波がヨせる。
33オリンピックがヘイマクする。
34通信エイセイを利用した放送。
35信頼するにタる人物だ。
36人前でほめられてテれる。
37会長にシュウニンする。
38船のキテキが聞こえる。
39この薬はニガいので飲みにくい。
40料理を器にモる。
41エネルギーのソンシツを抑える。
42物事のインガ関係を明らかにする。
43仕事が早くスむ。
44ポットの湯がサめる。
45物語のツウカイな結末に喜ぶ。
46外国とボウエキを行う。
47鳥が水辺にムれる。
48経験がまだアサい。
49現状をダハする。
50優勝のシュクガ会が開かれる。
51新鮮な空気をスう。
52日光をアびる。
53アンピをたずねる手紙を書く。
54人口のゾウゲンを調べる。
55手を合わせてオガむ。
56先頭との距離がチヂまる。
57ユダン大敵という言葉。
58ソンケイする人と話す。
59ごみをヒロう人を見かける。
60実験をココロみる。
61食料をチョウタツする。
62彼は、正直者のテンケイだ。
63よりよい社会をキズく。
64ボールをコロがす。
65チアンのよい国。
66キチョウな体験をする。
67例外をノゾく。
68手荷物をアズける。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG