NO IMAGE

下線部の漢字の読みを書け。

1示唆深いのは、古代ギリシャでは、……。
2視覚に鮮烈な印象を与えてくる存在。
3これは見る人の想像力の産物だ。
4静物画を描く。
5真実を突き詰めてそれを絵にしようとする。
6表面的な、狭い意味でしか捉えられない。
7〈真〉を描いた写実的な表現だと勘違いする。
8石で石を磨いて、先鋭な刃が製作された。
9水中に繊維を分散させ、漉簀で掬い上げる。
10振る舞いも、所作も、人間は紙に躾けられてきた。
11過去の人類の営み。
12石器や土器の表面に描かれた模様。
13土器や石器を拾い集めることが流行った。
14誓いの文書を入れる箱。
15一戸建てにしろマンションにしろ……。
16太古の昔。
17本来の和は現代におてい消滅してしまったか。
18遮音性という尺度だけで測れば、鉄は木に優る。
19銀座の中心は、強いて言えば銀座四丁目である。
20建物は茅葺きの掘立ての素朴な造りであった。
21光沢を帯びたり、色に落ち着きが出る。
22手仕事道具が備える耐久性。
23物質的豊かさに比例して広がる精神的空虚さ。
24さまざまな問題を抱えている。
25環境が一定であれば人々は同じ風景をもつ。
26旅行など移動に伴う車窓風景の違い。
27画家は、山岳全体の量感に注目し、描写する。
28もっとわかりやすく言い換えれば、……。
29季節を象徴する美しい風物。
30特殊な例外は除く。
31素朴で質素な花。
32花の美しさを説く。
33新作映画に、連日大勢の人が押し寄せる。
34記事の意図がもう一つ明確でない。
35肉に野菜を添える。
36かくされた潜在情報を読み取る。
37証拠がない。
38第一章を参照せよ。
39不穏な動きを探知する。
40比較してみても、決して力の強い方ではない。
41鋭い牙を持たない。
42厳密にいえば、分からない。
43直接把握する。
44眺めがたのしめる。
45水の出方に工夫をこらす。
46人々はここへきて歩みをとめる。
47いたずらを仕掛ける。
48春が戻ってくる。
49人間は時間の中に存在している。
50もっと多様で、もっと自由なもの。
51時間の自由さを回復してみたい。
52隣の家の人。
53熟知している内容。
54はじめて知る新鮮さ。
55可能性の範囲を絞る。
56旅は深い陰影に縁どられていた。
57詳細に現地の知識を持たされる。
58うかうかと見逃す。
59彼らは例外なく掬いあげた。
60自分への慰め。
61激しい議論の応酬をする。
62選挙の結果は自明である。
63時を隔てて重なり合う。

 

下線部の漢字を書け。

1エジプトや黄河リュウイキの時代。
2これは視覚のおこなう営みにニている。
3天空にチる星くず。
4時間ごとにウツり変わる星。
5世の中にはきれいごとではスまされない。
6眼に映るインショウは刻々と変化し続けている。
7この点をキョウチョウしておかなければならない。
8何万年もの時代をヘた今日においてすら、……。
9旧メディアの古めかしさを全て紙にセオわせる。
10ベージュのジュヒを叩きほぐす。
11ソロエンソウのバイオリニスト。
12歴史学の中でも考古学はその手法がコトなる。
13大学で考古学をキボウする学生も多い。
14土器やザイホウ、時には骸骨が顔を出す。
15現代社会のカチ観を鏡映しにしたもの。
16軍門に立てるヒョウシキ。
17ケッしてそんなことはない。
18これこそ本来の和のスガタである。
19最大限その性能をハッキする。
20日本列島にはシンリンがあふれている。
21この特性が、都市空間の規定ヨウインとなる。
22西洋になくて日本にあるもののテンケイ。
23使い込むことで、ギャクに光沢を帯びる。
24むしろフウカクや味わいが出る。
25親密な関係をキズくことができる。
26春夏秋冬のデンエン風景の違い。
27山腹をテらす光線の作用。
28自然科学の一分野のセンモン家。
29冬は雪がフる。
30季節へ関心をヨせる。
31馬にノって旅をする。
32わざわざ会場に足をハコぶ。
33まったくスジの通らない話だ。
34感情的なしこりがノコる。
35他者の心の状態を類推しながらクらしている。
36子どもの心の発達についてケンキュウする。
37ジュンを追って説明する。
38鋤や鍬という道具をツカいます。
39道具は必要でベンリなものである。
40人間の歴史は思いちがいと訂正のツみ重ね。
41アヤマった結論に行きつく。
42時間のサをつける。
43植え込みにもヘンカがある。
44自らが主役をエンじる。
45ジュウキョのあるじをさそい込む。
46村人が畑にスガタを現す。
47営みの文化がイキづいている。
48何もノコらない。
49関係によってモトめられている。
50ウタガいをかける。
51未知の神秘にツツまれる。
52ミジカい時間。
53どこにノコされているのだろう。
54心にキザむ。
55避け難いジョウケン。
56この万年筆にはアイチャクがある。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG