NO IMAGE

和歌山県

下線部の漢字の読みを書け。

1堅い丸椅子を勧めてくれた。
2普段はそんなにみんなを追い詰めない。
3連れて行ってあげるなんて偉そうな言い方だ。
4今年のレベルが、断然、高いことだけは分かる。
5木箱に詰める作業が夜遅くまで続いた。
6紙幣の原料になるミツマタの真皮を乾かしたもの。
7それはひどい衝撃でした。
8まだお葬式の名残が残っていた。
9「割り切り」というと良い印象に聞こえる。
10観察されたものを分析する。
11「安全側」という言葉を、理系の人はよく用いる。
12これから訪ねるところへお土産を持っていく。
13ヒナは親鳥を嘴にある赤い点として把握している。
14隠れている部分をイメージで補う習性。
15隠れている部分をイメージで補う習性。
16同じようにしか解釈できないという状況。
17まわりに日光を遮る敵がいます。
18枝は交錯し、複雑に入り組んでいます。
19枝そのものも枯れ、落ちてしまいます。
20それを承知のうえで、適材適所に使う。
21明るい場所を好む草や灌木も生えてくる。
22地震とか噴火とか、恐ろしいものである。
23利便さを享受する。
24蚊や蜂に刺される
25大切な器を壊さないように、慎重に運ぶ。
26野山に入って、わらびを摘む。
27三月半ばに、卒業式が挙行された。
28必死に唇を噛んで我慢した。
29座ったままうずくまるような格好で泣いた。
30考えを巡らせる。
31えさを隠す。
32極端な偏食。
33昆虫は葉っぱを食べなければ餓死してしまう。
34共に進化を遂げてきた。
35現代社会への不安、将来への憂い。
36ひきかえすことのできない自分の人生への郷愁。
37バーベキューをやったたき火の跡が残っていた。
38三平に、矢口先生は全てを託した。
39彼の言葉は潔くも聞こえるが、危ういものである。
40彼は否定も肯定も示さなかった。
41穏やかに話しあう。
42自己を制御する力。
43冷気がじんわりと迫ってきた。
44木肌の感触が心地よい。
45山の中で伐採した木を薪にする。
46木材を扱う仕事をする。
47河川は生態系を維持する多様な機能がある。
48巧妙な仕掛けがちりばめられている。
49川面上空を樹木が覆っている。
50水中に到達する太陽光線は乏しい。
51あの美しさに浸る権利がない。
52それらを包含した闇の恐ろしさ。
53心底よく味わう。
54離農した農家の廃屋。
55私は雑踏のなかにいた。
56蓄積されていく疲労感。
57彼らを旅に駆った根底にある衝動。
58図らずも性質をとく鍵がある。
59生活の表層。
60暖房を施す。
61錯覚に陥っている。
62追い風を受けて帆走する。
63さまざまな岐路がある。
64校庭の隅の桜の下。
65古代文明の遺跡をめぐる。
66忘れ物を取りに、家に戻った。
67それに劣る。
68うごきが滑らかになる。
69逸話がある。
70空気は澄んでいる。
71わずかな構成種を損ねないように利用する。
72原生林に伐採のための林道をつける。
73春の野に出て若菜を摘む。
74現代は、人間と自然のつながりは希薄である。

下線部の漢字を書け。

1今年の演劇部は、本当にソウが厚い。
2いままでみたいに、楽しいだけじゃスまない。
3吉岡先生にソウダンされた。
4インターハイの一回戦でマけた。
5栗の実のなかにいるヨウチュウを殺す。
6カマドが二つナラび、井戸も流しもある。
7脳に悪い影響がオこるかも知れない。
8頭蓋骨が脳をしっかりホゴしているはず。
9レキシのテスト。
10人間は、「単純」なものをノゾんでいる。
11分析するときのゲンミツさも問題になる。
124個セットにするか、6個セットにするかマヨった。
13ケイケンを重ねていく。
14美しさというのは、文化によってコトなる。
15とらえきれない世界のユタかさを見失いかねない。
16小鳥はキュウアイのダンスを踊る。
17日の光をたっぷりヒトり占めできる。
18そんなわけでケイエンされます。
19日常品から家にイタるまで、生活全般。
20工場から出てくるブロックやテツ。
21花が咲けば花蜂たちもオトズれる。
22立ち入りをキセイしたりというの奇妙なことだ。
23それはヨロコばしいことだ。
24ボウフウ、大雨などは恐ろしいものである。
25友達を自宅にショウタイする。
26銀行にお金をアズける。
27道路ヒョウシキに注意して運転する。
28回数券は一枚ずつヘっていく。
29両手でオガんで頼む。
30実験には、様々なクフウが要る。
31実験の結果がホウコクされた。
32モンシロチョウはジッサイに菜の葉にとまる。
33万能な策というのはムズカしい。
34昆虫から身をマモるために防御物質を作り出す。
35国家間のアラソい、テロリズムの台頭。
36車のマドからゴミを投げすてて平気な人。
37賛成派と反対派との間でギロンが始まった。
38ハイケイの川や森や山が、美しく描かれている。
39ギュウニュウを買う。
40カイダンをのぼる。
41キビしい眼差し。
42祖父と共にクらす。
43木くずがチらばっているのに気づいた。
44手がかじかんで木くずをうまくヒロえない。
45ひと冬分のブンリョウの薪。
46妻はかつて女優で、テレビにトウジョウしていた。
47森と川とのミッセツな関係。
48マがりくねった川。
49樹のミキ。
50川床の石の表面に生える藻のカンサツをする。
51肌に刺さってくるハリに似た痛み。
52美しい情景は時おりキケンである。
53太い氷柱のタバ。
54自然は一年というシュウキの中の一つのドラマだ。
55何時間か座り続けているクツウ。
56リッパな言葉で呼ばれる。
57そのバン、中世の旅人のことを想像した。
58生活に対する現代青年のハンノウ。
59十分の一に押しチヂめられる。
60荷を背負わずに車にアズける。
61クジラと共にオヨぐ。
62彼は人生をテンカイしてきた。
63教室のマドの外を見る。
64外にでてフるような星を眺める。
65少しずつチョキンをする。
66喜びでムネがつまりそうになる。
67ミミズクをオいはらう。
68なぜ父はショウチしたのだろう。
69昼間のキンム時間。
70日本文学のデントウ。
71燃料をショウヒする。
72現代の森林はキズついて疲れている。
73何年かの周期でイジュウする。
74自然が与えてくれるものにカンシャする。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG