NO IMAGE

下線部の漢字の読みを書け。

1路面は鏡のように滑らかだ。
2異論を唱える人は少なからずいる。
3丁寧にやろうという意識が希薄である。
4均一にたくさん製品を作ること。
5こげ茶と白のマーブル模様だ。
6平橋さんは、思案するように首をかしげた。
7ペットは生半可な気持ちで飼うことはできない。
8その静かな光が宿る目を、理央もじっと見つめる。
9器が空になっている。
10口に入れた途端、顔色が変わる。
11過去の料理人の恩恵の上に今の料理の形がある。
12とろとろ茶碗蒸しで料理番付に載った。
13私が指した靴を見て、店長は口許をゆるめた。
14今までに味わったことのない感触だ。
15自然に笑みがこぼれた。
16次の角で待っていてくれそうな気配がしている。
17マサトは、自分自身を奮いたたせた。
18静まりかえった水面に、また小さな波紋が広がる。
19白い網が大きく弧を描いた。
20鬼やんまの翅が、日の光を透かしていた。
21罫線がどこまで連なってゆく白いページ。
22ノートを食卓の上に広げた。
23小説の舞台となる家の間取り図。
24作家たちを励ました。
25雨乞いや疫病を祓うため、神に祈願した。
26火薬を巧みに調合する。
27随分、臆病な子供だったのだ。
28野暮ったいのに、それがかえって鮮やかに見える。
29この考え方は俳句を窮屈な墓穴に押しこめる。
30宇宙の暗黒の中で輝き始める星の子ども。
31何の矛盾もない。
32二つの心の間で交わされた和歌のやりとり。
33不可欠な条件。
34言葉によって触発された自分の経験をメモする。
35自己中心的な話し方から脱却する。
36メモをとることにより記憶していく作業を省く。
37消費税を含めて請求する。
38換言するば、そういうことである。
39経済の回復と安定を図るための措置。
40社会の発展に貢献する。
41透明なガラス。
42不自由を被る者が出る。
43秩序は国ごとに異なる。
44秩序を保持しなければ、自由が崩壊する。
45某紙紙面に掲載された。
46息苦しい雰囲気を和らげる。
47さきの中学生の文章は喚起します。
48終生の学びを、と促されたような朝でした。
49話しを聞いて納得する。
50「ああ簡単だ」という錯覚を生む。
51時間をかけて我が身に刻む。
52暗記は退屈ですぐに飽きる。
53自然に対する繊細な感受性がある。
54日本人の自然観が著しく変容した。
55例を見ないほど鮮やかである。
56感情の起伏がよみこまれている。
57ほとんど眼で覆われている。
58獲物を捕らえる。
59すばらしいスピードで追跡する。
60光が刺激となる。
61制御可能なもの。
62飢えと動物からの襲撃。
63火に触れる機会。
64柔順なしもべ。
65幾つもの形や素材の組み合わせの中で想を練る。
66ジクソーバズルの絵解。
67絵本の翻訳をする。
68作品が完成したときと同様の感慨があった。

 

下線部の漢字を書け。

1声にならない思いが胸の中でコウサする。
2姉の言葉をオモニだって思ったことはない。
3ササえられることがチームの強さに繋がる。
4タイショウは違っても何かに挑んでいる者同士。
5高い山のイタダキ。
6地球環境問題というセイヤクがある。
7種の多様性がマす。
8他の一つ、あるいは複数のヨビでカバーする。
9高等なライフスタイルがタモてない。
10大きい動物は、必要とするシゲンの量も膨大だ。
11食べたくとも独占はユルされない。
12あくまで個体レベルでのツゴウにすぎない。
13温和なキショウと美しい自然。
14そんなにキズつくこともあるまい。
15その努力のハてに造化が待ち受けていてくれる。
16中国のメイゲン。
17クらしやすい環境。
18どれかがアヤマっている。
19水が引いた後のフッキュウをおこなう。
20ここからキョウクンを学ぶことができる。
21韓国や中国とコトなる点。
22遠いコキョウに向って、ひたすら歩いていく。
23何種類もの薬をシュウノウできる印籠。
24自分たち自身にタシかな視線を向ける。
25古典語のキョウジュであった田中秀央博士。
26勝負にこだわらないことが高くヒョウカされる。
27ギャクにその人には、おもしろさと感じられる。
28迂遠に見えそうなことがアンガイ、近道である。
29そのプロセスを、「創発」とヨぶ。
30もともとは、ラテン語からユライする。
31それは非常にキョウミ深いことです。
32そこから脱出するため、ひらめきの必要性もマす。
33別れをツげる。
34自転車はアブないので、バスで行く。
35部屋のマドを大きく開け放つ。
36エガオで答える。
37シセンを落として、なにも言わなかった。
38弟は返事をしなかったが、サカらいもしなかった。
39自分のヘヤへ入る。
40喝采をアびる。
41口数がヘる。
42犬や猫にアイチャクを抱く。
43シンリョクが芽吹く。
44当惑した表情をウかべる。
45一人でシンカンセンに載った。
46カガミに映っている顔。
47ザセキに戻ってからは、優しく話しかけた。
48久子は耳をカタムけているようすだった。
49暗いドマの隅にしゃがむ。
50西へ向かう鳥のムれ。
51一面に咲く花が目に鮮やかにウツった。
52ゾウキバヤシから見える。
53ゲンカンにたくさんの履き物がある。
54週に一度ぐらいのワリアイ。
55すぐ行くヤクソクをする。
56母をテマネきする。
57前のバンから寝押ししておいた。
58だれも弾いていないのにナっている。
59母はたえず少年をカンサツしている。
60ガッキのような澄んだ音がする。
61生気をオびる。
62セイソクチは日本列島。
63シイカにうたわれる。
64われわれの祖先のクらし。
65メジロやツグミのようにコキョウを持つ鳥。
66鳥が翼をコキザみに震わせる。
67スズメがえさ台と隣家の屋根をオウフクする。
68パン屑の一かけをヒロう。

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG