静岡県

下線部の漢字の読みを書け。

1「無駄かもしれんばい。」
2ひざと腰を弾ませながら、揺すり始めた。
3こうした自省力はヒトで特に顕著です。
4私はその三尺帯を肩から斜めに体に巻きつけた。
5近郊に住む従姉妹。
6落ち葉はカラカラに乾いて水気を含んでいません。
7誰かにいったら承知しないぞってすごまれた。
8ぼくは慌てていった。
9本という形でそこに凝縮されて残っている。
10驚く実良を、坂口先生は感慨深そうに見つめた。
11先生の穏やかな目がこちらを見た。
12社会に対する風刺が笑いの原動力になっている。
13苦いような、なまぐさいような、ねばつくような。
14その先にある岬の突端には灯台が建っている。
15瞬時に把握することは難しい。
16小さくていまにも壊れそうな家だ。
17すりきれかけている貧相な着物のお坊さん。
18徹底的にドレスアップして客を歓待するひと。
19時間は刻一刻と迫っている。
20ラジオを聴くことは、語彙の拡充に有効な手段だ。
21出演者の容姿や衣装や動作に気をとられる。
22優しく話しかけたりして可愛がってくれた。
23文子は、お祖父ちゃんの手を揺すった。
24目的を達成するために効率を上げる。
25陽に透かすと消えてなくなりそうだ。
26自分を大勢の中に埋没させてしまう。
27服装でその人となりを判断するのを妨げない。
28感動のあまり言葉もなく抱擁する。
29自分の生き方を模索する。
30この動物園には珍しい動物がいる。
31リスを紐から離してやる。
32灰色の濃淡のシルエット。
33優雅で繊細な模様。
34清々しく輝いていた。
35筋肉を刺激すれば、筋肉は収縮する。
36教科書でも詳しくのべられている。
37仕方なくそれに従った。
38ここは仕事場だからを邪魔しちゃだめだ。
39言いしれぬ不安を募らせる。
40余裕をみて家から出す。
41繁栄をほこったバンボールの街。
42視点の転換。
43体が沈んでいく。
44母の驚きの叫び。
45一定の範囲の時間。
46ここは地獄や。
47「ボウルを持ってきてくれ。竹バシも頼む。」
48素朴な一人の老人。
493cmにも満たない稚魚は、川を下り、海まで下る。
50彼のことばは、私にとってたいへんな驚きでした。
51名まえも知らない鳥が家の中に舞い込んでくる。

下線部の漢字を書け。

1人々の輪がチった。
2仕留める確率はヘります。
3野生動物たちの必死な生存センリャク。
4おんぶしてあげようと言われても、コトワった。
5これは、ヨウイに確かめることができます。
6葉っぱは土に帰り、腐葉土のソザイとなります。
7好きな音楽CDが自分の棚にナラんでいく喜び。
8横が一メートルほどで、タテが六段ほど入る本棚。
9オンシの話を聴く。
10恐怖や不安が笑いのハイケイにあることも多い。
11一番イタいポイントを、ユーモアをもって話す。
12どんな人にも苦難はオトズれる。
13イキオいをつけて自転車のサドルにまたがる。
14事業を成功にミチビく。
15事業がシッパイする可能性のほうが高い。
16手をかけて体をササえると力が入る。
17多くのひとがこの「表現」にムスびつけて考える。
18いちばん大切なヨウソ。
19みんなから注目をアびる。
20押野がおどけて沈黙をヤブった。
21生命力がわいてきてケンコウでいられる。
22救急車でハコばれる。
23自分たちのヨッキュウを満たそうとする。
24科学者の社会的セキニン。
25生き物をカう。
26何が起きるかソウゾウしてみる。
27カリにできるとしても、そうはしない。
28少女のフカく黒い眸に見つめられる。
29郊外の新興ジュウタクガイ。
30少年の後ろ姿をオった。
31鳥カゴや水槽がナラんでいる。
32この織物は、草木でソめた色が美しい。
33新しい感覚の織物だと高くヒョウカされる。
34チョッケイ十センチほどの穴。
35小さな青空をオガんだ。
36角膜をテイキョウした人。
37大コイのアバれる音が響いた。
38ヨウイに想像できる。
39動物は先のヨソクができない。
40忍者のようなカオをして笑った。
41タンジュン明快な作戦であった。
42すさまじいイキオい。
43ダイビングのレンシュウをさせた。
44私の視線をオった。
45気温と輻射熱とにシハイされている。
46ほほエむ。
47日本にマネかれる。
48理解できずコマる。
49稚魚は、赤ちゃんのうちから、タビに出る。
50地震やタイフウがくる。
51知りすぎてしまった、おとなのヒゲキ。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG