NO IMAGE

下線部の漢字の読みを書け。

1最後尾のグループ。
2慌てて走り出す。
3かすかな旋律をとらえる。
4足を引きずり涙を拭う。
5希望とは、模索のプロセスそのものです。
6無駄にみえるものにあえて挑む。
7父の書斎。
8ナット・クラッカーへ挟んだ。
9胸のあたりが空っぽになるようで淋しかった。
10身体や顔を眺めまわす。
11紺の一重絣から出ている細い脛。
12両手をひろげて風上に向かって走り出した。
13針路を文化センターにむけた。
14淡い墨色を含んで、風景の中に沈みこんでいく。
15私は、彼を促して中へ入ろうとする。
16閲覧カードをもらって、図書室に入る。
17自分の生いたち。
18せっかくのパパのお土産なのに。
19これが母の口癖であり、得意の台詞だった。
20彼女は慎重に方向を見定めた。
21街のはずれから境内への道。
22人混みを縫う。
23急激に増してきた人の群れ。
24信雄は慌てて引き返そうとした。
25彼は、なにかを探り求めているかのようであった。
26もう一度子路を顧みた。
27つつましく控えている。
28先生のご理想も承らせていただきたいと存じます
29車椅子は廊下の端に沿ってとめられた。
30夕日で床も壁も天井も、赤く照り映えていた。
31沈む太陽の光を浴びる。
32立ちあがり壁にもたれると、息を整えていった。
33好意を寄せていることを白状する。
34自己嫌悪に陥る。
35繊細な性格。
36気のきいた言葉を頭の中で巡らす。
37ふたりともなぜか妙に押し黙っている。
38不安げな眼差しで見つめてくる。
39ふたたび裕一にもう片方を持つように促した。
40輪郭をにじませながら上下している。
41努力は必ず報われる。
42都心から100kmも隔たった場所。
43父親の背丈を抜く。
44ホームインの瞬間を見届ける。
45祖父は無愛想に歩みこんだ。
46暗室から転げ出る。
47芝居のように長い間をとる。
48落ち葉の散り敷く歩道。
49海に潜ってみる。
50岩礁に沿って下りていく。
51蛸壺が逆さまになっていた。
52上を仰ぐ。
53一万個に近い卵を食べた勘定。
54氷が溶ける。
55とうがらしを塗る。
56舞踊を習う。
57一人一人の器にとん汁をつぐ。
58くたくたに煮たすきやきのにんじん。
59獲物を食べればよい。
60皮をはいで毛布にしよう。
61床を掃く。
62耕作は利口もんだ。
63遅れない工夫はないか。
64耕作は素直に言った。
65石が少年の額に当たってしまった。
66身構えるちびっこたちを僕は慌てて制した。
67お金ば稼いで、家に入れるったい。
68照会されたボスにお辞儀をした。

下線部の漢字を書け。

1この本は、タえることのない人気を維持している。
2その品物のハイゴには目に見えない事実がある。
3下町の浦川豆腐店をタズねる。
4この思考作業は、人間にトクユウなものである。
5ゲンミツに、希望を左右する要因を除いた。
6計画やセンリャクを立てる。
7母の病気は翌日から小康をエた。
8僕は、ひそかに自分の性質をハンセイした。
9重点を「学ぶ」ほうにウツして発想してみよう。
10問題をシュウセイして正しい答えに直す。
11これは「知識」が高次にヘンヨウした。
12双方にサユウされる営みだということになる。
13キョウゾンキョウエイを最も重要な価値とする。
14マズしくて社会的な名声もない。
15全体のことを考えなければならないギムがある。
16赤ん坊がキケンな目にあう。
17話すように書けば、ニガテ意識なく自然に書ける。
18人に訴えかけられることをジュクチしていた。
19そのとき話している相手の心にトドいたのだ。
20違いを意識しなければ、力はコウジョウしない。
21形式的なものにカチをおかない。
22デントウ的なものにとらわれず自由に振る舞う。
23市のキボをもつ大人口を擁する住宅団地。
24新しい都市の機能を確立するためのホウサク。
25オサナいとき何十回も同じ絵本を読んでもらった。
26手あかのついた言葉は、イッサイ使われていない。
27カンケツな言葉で読む者の想像力を刺激する。
28頭をフルカイテンさせる。
29調理は、基礎的な行動であることはウタガいない。
30そのことの意味はソウゾウ以上に大きい。
31下水道のカンビ。
32ウチュウ的とも言っていいこの単純な事実。
33不安を取りノゾく。
34超能力をカンバンにした宗教が流行する。
35このままの消費コウゾウを続けると、行きづまる。
36カンタンには答えが出ない問題。
37自分の意見を明確に表現することがキタイされる。
38駐米大使の招宴のサイに、大使の横に座った。
39日米の間の架け橋としてクロウされた。
40投手のけん制球が、盗塁されてしまうのをフセぐ。
41政治にカンシンをもつ。
42時代を反映したヒョウゴを掲げる。
43人が生きていけるジョウケンをそなえた場所。
44この世界にはタえざる競争があるにすぎない。
45微妙な色合いをウツす。
46識字率が高いハンメン、あやしもうとはしない。
47弱まってきていることもジジツです。
48ボキャブラリーの減少がウタガわれる。
49歌を選んだ者の権利であり、ギムである。
50キビしい言葉に、私は一瞬きょとんとした。
51現代詩はココロみてきました。
52カンタンにリズムにのる。
53青空にトドくとふっと消えてしまう。
54三分休めばそれだけのコウカがある。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG