滋賀県

下線部の漢字の読みを書け。

1塵芥に覆われていく。
2床も、障壁も、掃除しないと維持できない。
3清掃は創造を伴わない。
4新しい仕事を開拓する。
5時間を費やす。
6引き締まった画面の陰影。
7派手な色彩を控え、微妙な明暗の変化を愛でる。
8自然と注意を払うようになる。
9隣家に一泊しても旅と言える。
10家の者へ指図する。
11最も美しいものは神秘的なことである。
12好奇心はそれ自体で存在する根拠があるのです。
13都を遠く離れ、越中国庁のあるじとなった。
14慣れぬ北国でのさびしい暮らしであった。
15よき地方官になろうと領内巡視もしている。
16ずっと不思議だったけど、そういうことことか。
17より深く読み込んでいくと発想を転換できる。
18このような生命観が見当違いでないとすれば、
19その欠如を「他者」によって埋める。
20恩に着せる。
21この夥しい蓄積の上に、詩歌の桜は咲いている。
22これまでにない響きを奏で合う。
23羽織袴の露払い役。
24裏声の合の手が踊りと歌に弾みをつける。
25太古から人間は祭りをしてきた。
26私も何となく納得ができるのである。
27他者の自由を犠牲にする。
28微妙な季節の移り変わり。
29訪れる春のために、生きものは準備を始めている。
30そこに息づく生きものの生態に目を向けてみたい。
31お手本を模倣することでうまくいく。
32どんな状況にも柔軟に対応できる本当の知力。
33炉の中を見ると、いい具合に炭がおこっている。
34後に弟子たちに語ったという。
35そういう嘆息がこめられているような気がする。
36冬を越した自負にかがやくようだ。
37自然から学び、自然に報いる。
38欠落部を補充、埋め合わせをする必要がある。
39そこから詩を引き出して感銘する。
40言語表現は立脚していない。
41私は怠惰な人間だ。
42忙しいので本を読む時間がない。
43テレビで面白い番組を見る。
44危険を察知する。
45悪条件を克服する。
46優雅に暮らす。
47すっかり体が衰えてしまった。
48フナの群れに混じってナマズがやってくる。
49戦争が終わり村に静けさが戻った。
50あの日のことを鮮明に思い出すことができる。
51膨張を続ける宇宙。
52思索にふける。
53想像力を駆使しつつものごとを考える。
54図鑑を片手に観察する。
55こんな具合にやればうまくいく。
56一切の先入観なしに見る。
57目と心を澄ませる。
58好きって思って描くと好きな気持ちが濃厚になる。
59驚いたことに、花が一輪もなくなっていた。
60ビニールカバーのかかった紙袋を一つ提げている。
61天智天皇が湖岸に大津京を営んだ。
62漁をしている船。
63持統・文武両朝に仕えた人である。
64琵琶湖を船で渡る。
65白い大きな水鳥の総称。
66暗唱させられた。
67山を眺める。
68心に刻まれた瞬間。
69峠に立つと、景色が一変する。
70目的地へ到達する。
71旬会に同好の士が集った。
72東京の郊外にも竹林がある。
73竹の青さに染まりながら歩く。
74そのように考えると理屈に合う。
75竹に宿ったかぐや姫。
76万葉集に収められている。
77勢いのよい雪解け水。
78水彩画のようだ。
79斜面をほとばしる。
80可憐な春のいのちの象徴。
81コンクリートで固める。
82微笑を浮かべる。
83この方針で押しきる。
84その本の叙述のひとくだりを記憶している。
85車窓から見る美しい景色。

下線部の漢字を書け。

1自然の贈与を受け入れることは、マつということ。
2石庭にカギらず、掃除しないと庭は維持できない。
3オリジナルなアソびを考え出す。
4難病を治す新しいクスリを創り出す。
5時間をワスれてやりたいことに注意を集中する。
6多くのセイヒンにグレーが使われる。
7砂と波がオりなすパターンが見えてくる。
8もっともセンレンされた芸術。
9「若い時の苦労はカってでもせよ」
10放浪の旅ではないというジョウケンがついている。
11われわれがケイケンできる最も美しいもの。
12ヨウジが親に質問をくり返す。
13アインシュタインの次の言葉もドウヨウである。
14その書庫は、たくさんの図書をゾウしている。
15ムれ咲く堅春子の可憐な花。
16作者の声は、読者にトドくのである。
17自分自身のカチ観を大きく揺さぶるような経験。
18そのシュチョウは、どこから来ているのだろう?
19その安易な自己完結をヤブる力。
20他者にたいして、一々、レイを言わなくてもいい。
21目的地までの移動をトホでしている最中だ。
22桜にまつわる思いがどれほどフカくあるか。
23そして想像とあるカコが出会いを果たした。
24露払い役二人にセンドウされて、神社へ向かった。
25「ホモ・フェストウス」とヨびたい。
26移動できることをゼンテイにして自由を考える。
27落葉は微生物にヒリョウをつくってもらっている。
28木がもつホスイ能力。
29この多彩さは、世界にほとんどレイを見ない。
30やがて訪れる春のために、ジュンビを始める。
31このシセイをあらためないかぎりうまくいかない。
32意欲を持って現場に足をハコぶ。
33現物をチョクセツ見たり現場にいる人の話を聞く。
34「水をくみにやったのがカエったとみえる」
35雪の降りツむ音さえ聞こえてくるような気がする。
36気温はまだ上がらず冬のサムさが満ちている。
37立春をスぎると、雪の下にはもう春が来ている。
38南がわは、サイワい雪に侵されていない。
39解釈は、読み手によって大きくサユウされる。
40ゲンミツに言えば、違った解釈になる。
41テレビが番組をホウエイする。
42気がチる。
43カンタンな言葉で説明する。
44石を割るのは、ヨウイなことではない。
45石に模様をキザむ。
46団体旅行のサンカシャを募る。
47紀貫之という歌人が土佐の国へオウフクした。
48ムカシの言葉は今では通じない。
49雨がフる。
50フナよりナマズがスきだ。
51宇宙のハてへと遠ざかっていく。
52将来に対する私たちのセキニン。
53樹々にカコまれた城。
54めずらしい植物をアツめる。
55アみもの教室に通う。
56壺と、椿がオいてある。
57どっかへトんでいってしまう。
58パジャマのまま枯れ草の上にハラばいになる。
59登山者にしてはケイソウすぎるいでたち。
60懐中デントウを片手にもつ。
61ウタガってみる理由。
62地球の美しい姿をニクガンで見てきた。
63人間にとってはセイジョウなのだと思う。
64地の底のどこかで、火がモえている。
65それを聞いているとタシかに不安になる。
66湖は、カンコウの貴重な資源。
67浄化させるテンネンの処理場。
68決してワスれてはならない。
69カガミのように人間社会を映しだす。
70なかなかモトに戻らない。
71胸がアツくなってくる。
72静かなコウフンがわき上がる。
73ケワしい原生林。
74ユタかな自然が残っている土地。
75それはハタケでとれる作物だ。
76物質的な豊かさをカルくみる。
77物質文明での生活をハンセイする。
78指針をシメす。
79育児と教育のウツワである家庭。
80途方にクれる。
81自分は全体によってヤシナわれてこそ在るのだ。
82それを取りノゾいたら何が残るか。
83友人のショウカイで知り合う。
84愛したアイテによって学ぶことができる。
85他人を説得することはフカノウだ。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG