NO IMAGE

大阪府

下線部の漢字の読みを書け。

1途方(例文なし)
2思案(例文なし)
3携える(例文なし)
4柔和(例文なし)
5趣向(例文なし)
6華やぎ(例文なし)
7暮れて(例文なし)
8宵(例文なし)
9緯度(例文なし)
10蓄積(例文なし)
11核心(例文なし)
12磨いて(例文なし)
13拍子(例文なし)
14衝撃(例文なし)
15挑もう(例文なし)
16興奮(例文なし)
17幹(例文なし)
18緊張(例文なし)
19踊り出た(例文なし)
20箇所(例文なし)
21頻繁(例文なし)
22分別(例文なし)
23呈して(例文なし)
24面影(例文なし)
25近似値(例文なし)
26刺激(例文なし)
27潜在(例文なし)
28促されて(例文なし)
29承知(例文なし)
30証拠(例文なし)
31惜別(例文なし)
32克明(例文なし)
33属して(例文なし)
34係の人の誘導にしたがって入場する。
35カーテンで夏の強い日差しを遮る。
36最新の技術を駆使して新しい製品をつくる。
37肉食用の消化酵素がそれを消化する。
38長い腸が肉食動物とは著しくちがったものにした。
39徹底して草ばかり食う。
40深く影響を及ぼさずにはおかない。
41水路が頑丈でも、上流が崩れれば水はやってくる。
42それらをうまく調整し秩序立てる。
43私も旅行者気分を満喫した。
44除夜の鐘。
45直感に訴える。
46直感に訴える把握ができる。
47オノマトペとは擬態語を一括して言うものである。
48まさにその瞬間を描写している。
49インターネットで、試みに検索してみる。
50計算や分析という分野。
51中枢の脳活動ときわめて精密に対応している。
52根拠なき自信。
53いきなり両翼をひろげると、飛び降りてきた。
54コロスケは、体を揺らしながら姿整を整えた。
55低い雑木がしげる山の斜面を一気に駆けのぼった。
56風土によって身体のなかに涵養されたことば。
57「おいしいなあ」という感慨がわく。
58芸術家たちの率直なことば。
59科学と人間社会とは、矛盾をはらんだ関係にある。
60どんな物でも突き通すという矛。
61どんな物でも防ぐという盾。
62ヒグマを駆除という言葉を使って射殺する。
63知床を語る時、この話がまことに象徴的である。
64知床は海の幸も、畑の幸も、おいしいところだ。
65先生は、授業の合間にいろいろな話をした。
66人が悲しいときに寄り添ってあげる友だち。
67僕は自分で書いた詩を朗読していた。
68科学の新しい芽生えを期待する。
69自然との共生を実践しなけれならない。
70農家と契約して、週末に出かける。
71人間は精巧なロボットを作ることができる。
72優しさを磨かないと優しいひとにはなれない。
73研ぐ(例文なし)
74研磨(例文なし)
75なにが詩人に強烈な印象を与えるかわかりません。
76詩人がとらえた微妙な世界を紹介しましょう。
77漠然と見ている。
78容赦なく光と熱を撒き散らしている太陽。
79朝礼台に寝転がって息を整えた。
80ライバルが減るからとやけにはしゃいでいた。
81適当な制御プログラムを組み込む。
82コンピュータが古くなって壊れたりする。
83「万葉集」の歌の特徴について話しあう。
84まるで知らない町に来たかのように錯覚する。
85自分の行いを反省する。
86線香花火の鮮やかな光彩。
87鐘の響き。
88純粋な心。
89買うのか買わないのかと迫っているような印象。
90相手の非を責めたり、行動を強要したりする。
91相手との共感的な関係はあくまでも維持する。
92どの距離で、どんな挨拶をすればいいのか。
93外国からのお客さんを迎えて滞在してもらう。
94反感は増幅されて、憎しみまで生まれる。
95短期間で数は膨れ上がった。
96長旅に備えて、体力を養う。
97命懸けの旅を続ける渡り鳥たちの勇姿。
98相手の考え方と真っ向から衝突する。
99事件の背後には深刻な問題がある。
100友人から議論を仕掛けられる。
101陰鬱なパリの街角。
102上手に立つ。
103塀の上とか枝の上。
104この問は重要で魅力的である。
105何ものにも替えがたい。
106科学は事柄をわからせ説明すること。
107泥など見たくもないという執念を感じさせる。
108晴天がつづけば乾いて土埃が立つ。
109霜柱は、透明な鋭い美しさをたたえていた。
110農耕地の少ない山間部では、野菜が欠乏する。
111倒れた朽ち木に発生するナメコ。
112白神山地を舞台として生活してきた人たち。
113レストランでは、軒なみ入店を断られました。
114少しずつ譲りあって、仲よくお願いいたします。
115車内がなんとなくなごやかな雰囲気になりました。
116疑問を、自分の手で解き明かしていく喜び。
117正体がなんであるかわかりません。
118それから二年間、私は夢中でこれを調べはじめた。
119それでもなおかつ、承服しがたい時がある。
120欲求不満に陥る。
121共通語に翻訳せず、ストレートに出せる。
122問題の解決に全力を尽くす。
123優れた理論は、一つの解答を与えている。
124欲望は満たされず、飢餓感がますます深まる。
125わが庭で南瓜を収穫する。
126紅葉の美しさ、時雨の音に秋のあわれを感じる。
127報いられず、悲嘆や苦しみを味わうこともあろう。
128食事をしたりすることと類似した、日常的習慣。
129あたえられたものを素直に受けいれておればよい。
130私たちの頭の中に沈着する。
131翼をひろげて、風に乗って滑空する。
132彼女は声を出して叫んでいる。
133彼女の声は少し湿っていた。
134言葉は、不完全な符号です。
135言葉は想像する手掛かりとして不完全なものだ。
136海を見てしまえば、容易に海を思い描ける。
137不遜になっていたと、恥ずかしくなった。
138充足したゆたかな気持ちになった。
139自分をあたらしくし、新鮮にしていく。
140幼い子どもがひとりで眠る。
141目に見えない恵みを受けとめる。
142灯が寄り集まると、壮大な夜景となる。
143この詩のできた動機は、雪景色を見たことから。
144まわりの人は居眠りをしている。
145子どもが寝いったあと、母親は縫い物をした。
146けっして心の通いあいを断念しないこと。
147人間はなんと多様なことだろうか。
148山人は雑木山を、漁師は磯を大事にしたという。
149子どもの日の情景が、脳裏に浮かんでくる。
150家を取り囲む道は狭い。
151ビルの谷間の空に、宵の明星が姿を現した。
152なぜかと言えば、もちろん西洋の影響による。
153人々は論理的な意味の追求に熱心になった。
154言い換えれば、主役はセリフを話し始める一人だ。
155自然に私は謙虚になっている自分を見出す。
156全部逆さまになればいいわけですから。
157価値観が多様化していく。
158ふだんは甘すぎるほど私を可愛がってくれた父。
159切り株の上に、奇妙な古代文字を描く菌糸。
160むっつりと口もきかずに家路につく。

下線部の漢字を書け。

1草原で牛をホウボクする。
2太陽の光が大地をテらす。
3養分をキュウシュウする。
4毛糸で帽子をアむ。
5開会をセンゲンする。
6メンミツな計画を立てる。
7人名や地名はコユウ名詞である。
8ウツワに料理を盛る。
9因習をダハする。
10心の内をスイサツする。
11会社にキンムする。
12子どもたちがイエジを急ぐ。
13米のタワラを積み上げる。
14記念シキテンに出席する。
15手紙をユウソウする。
16ヨコブエの演奏を聴く。
17体育館のアンマクを閉める。
18細かい役割分担はミテイだ。
19班長として立派にセキニンを果たした。
20リンジ列車が運行される。
21ことばをオギナってわかりやすい文にする。
22大学でケイザイ学を専攻する。
23机の上をセイリする。
24オモたい荷物を運ぶ。
25自分の住むチイキを愛する。
26この建造物は百年のレキシを持つ。
27ロウホウに喜ぶ。
28時計が時をキザむ。
29実行する前にケイカクを立てる。
30集合場所はエキの改札の前に決まった。
31よい話を聞いてコウフクな気持ちになった。
32自分の意見をジュンジョよく話す。
33マドを開けて戸外の空気を部屋に入れた。
34友人のチュウコクにしたがう。
35天然に存在するシゲンを有効に利用する。
36試合ですばらしいジッセキをあげた。
37約束の時間に遅れないようにイソいだ。
38出場選手としてのトウロクを済ませる。
39一つのりんごをキントウに切り分けた。
40よりよい伝統をキズくために努力する。
41アンガイ(例文なし)
42コウトウ(例文なし)
43フシギ(例文なし)
44コウセイ(例文なし)
45カンソク(例文なし)
46お城が堀にカコまれている。
47実現がカノウな案を出す。
48食物をチョゾウしておく。
49恐竜がサカえた時代があった。
50詳しい説明はショウリャクする。
51試合で普段の実力をハッキする。
52工事で通学路がカクチョウされた。
53大会に向けて練習にセンネンする。
54夕日にソまった校舎をあとにして家に帰る。
55受話器をとり、アいてるほうの手でメモをとる。
56私はシュッパン社に入った。
57私は、ショウジキいってびっくりしました。
58私の友達にはヨウキな性格の人が多い。
59私は図書室の本をカし出す係をしている。
60友達と近所のハクブツ館を見学した。
61古くから海外とのボウエキで栄えた地域がある。
62キケンな場所へ行かないように注意を受けた。
63将来へのテンボウが開ける。
64大きな柱が学校の体育館をササえている。
65ジシャクを使って理科の実験をする。
66注意事項をデンタツする。
67映画のヨコク編を見る。
68友人から手紙がトドいた。
69サンミャクに添うて、千曲川が流れる。
70わたしはキシャで上田まで乗った。
71タイガらしい千曲川の水を目の下にながめる。
72音合わせをするためにミジカい演奏がある。
73クニクの策。
74楽器のジュンビが整う。
75親しい友人にマネかれて、楽しい時を過ごした。
76窓を開け、さわやかな朝の光をアびた。
77牧場で羊がムれをなしている。
78動物とふれあうことはキチョウな体験である。
79美しい湖をハイケイにして、記念写真を撮る。
80今回の旅行は大変イギのあるものだった。
81コロスケは飛び降りてきた。強いフウアツだった。
82正雄は、思わずカンゲキした。
83森はなんのハンノウもなかった。
84テッキンコンクリートの柱。
85甲子園や後楽園の、スタンドのウラガワみたいだ。
86この例からもシジされる。
87ニチジョウ茶飯事のすべてを栄養として取り込む。
88努力のツみ重ねによって進歩していきます。
89人工エイセイを打ち上げる。
90技術は科学の成果を生かすというヤクワリももつ。
91それはヒトのセイジュクとともに多様になる。
92ホンノウによってしか対象へかかわれなかった。
93表象の世界をカクリツする。
94楽観論にアンジュウできる状況ではない。
95巨大なソウチや機械を必要とする。
96「等身大の科学」をテイアンしているのである。
97大人の集まりにツれて行ってもらう。
98皆にっこりワラっている。
99優しいひとになろう、と自分にヤクソクをした。
100容赦なく光とネツを撒き散らしている太陽。
101キンニクが落ちているせいで足が前に進まない。
102体はまだまだぼくにヨウキュウしてくる。
103線香花火が消えた後にノコる闇の深さ。
104異状がミトめられる。
105よくクンレンされた犬。
106どのように器にモりつけようか。
107コマった問題を起こすことがあります。
108別のことをテイショウしている人びとがいます。
109友とわかりあいたいという強いヨッキュウ。
110それぞれのカチカンや感受性がぶつかり合う。
111自己についてのアラたな発見をする。
112明日の予定をタシかめる。
113学級新聞をインサツして配る。
114彼が医学の発展に果たしたコウセキは大きい。
115教室に足りない机をオギナう。
116文化祭の計画をメンミツにたてる。
117長距離走のあとの乱れたコキュウを整える。
118それをヒロって手のひらにのせてみる。
119疑問を問題にできたことがサイワいだったのです。
120化学のリョウイキでも、……があるにちがいない。
121ありアマる物品を目の前にする。
122優れた先人のイサンである学問や芸術。
123困難をノり切る勇気と慰めを与えてくれる。
124コマるのは、考える機会がへらされることである。
125自然科学ケイトウでは、実験をしながら考える。
126トウロンなどを通じて、思考活動を活発にする。
127個々のケイジョウとは切り離す。
128カっている三毛猫を思い浮かべる。
129その短所をちょうどウラガエしたような長所。
130検討をカサねて、複雑な問題を解決した。
131検討を重ねて、フクザツな問題を解決した。
132あの人は、学級委員としてセキニンを果たした。
133学級委員として立派に責任をハたした。
134争いのなかでワスれられがちではある。
135道はマがりくねり、そこにはおどろきがある。
136そこにはおどろきと、そしてキケンとがある。
137もちろんレイガイは多少あるとしても、……。
138その点に関するカギり、……。
139スジもあれば息もあっている文章が書ける。
140ふるさとからキセツ感のあふれた品物が届いた。
141ふるさとから季節感のあふれた品物がトドいた。
142あの人はセイジツな人柄だ。
143あの人は、ユタかな発想の持ち主だ。
144アイテの意見を自分の頭のなかに構築する。
145ヒテイするってことにつながってはいけない。
146他人の考えかたもミトめてあげなければいけない。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG