NO IMAGE

奈良県

下線部の漢字の読みを書け。

1本来駆除すべき虫たちがさほど憎くない。
2ほんのわずかの部分を口に含んでみた。
3言葉を換えて言えば、……。
4地球や惑星の科学、生命の科学。
5永井龍男の短編『そばやまで』。
6言語感覚を鍛える。
7徐々に少しずつそのふところ深く入らせてもらう。
8努力を怠ると痛い目に遭うのは自分だ。
9「AとBはどう違うのですか」と尋ねてみた。
10もちろん緊張もある。
11一本のライムギの苗を植える。
12形が貧弱じゃないかと文句をつける。
13超越(例文なし)
14載る(例文なし)
15犬が霜柱を踏みしだく音がする。
16年賀状に「今年もよろしく」と書く。虚礼である。
17囲いの扉を開けて、ペンギンを外に出す。
18動物園の客離れがここ20年で顕著になった。
19携帯電話で連絡をとる。
20雲の切れ目から光が漏れる。
21「炭」への郷愁がつのる。
22火を軸にして人が集う。
23解読したヒトの遺伝子記号を眺める。
24設計図は三十億の化学の文字で書かれている。
25被写体は同じでも意味は異なる。
26見通しのきく枝などによくとまる。
27器官の働きが鋭くなる。
28この世を救う妙薬。
29夢の実現への道は険しい。
30平凡さを生きがいにする。
31静穏な砂浜。
32揮発性の物質が溶ける。
33木は風から逃れることができない。
34トビが上空をゆっくり旋回している。

下線部の漢字を書け。

1ノウヤクを使わずにやっている。
2きちんと形がそろい、一定の間隔をタモっている。
3その問いかけの持つ意味合いはさらにマしている。
4観測のシヤをひろげる。
5名文のヒョウカ高い短編『そばやまで』。
6深い文章体験でキズかれた鋭い勘。
7視線でケイコクしている。
8まさに邂逅とヨぶにふさわしい経験だった。
9生け花のムズカしい約束事などもはや眼中にない。
10空間がギャクに花を生かすということなのだろう。
11脳も、一本のカミの毛も必死で生きている。
12マンゾクしようと絶望しようと、生きてきた。
13イキ(例文なし)
14ウラガワ(例文なし)
15何よりもそれをシメすのが、売り上げである。
16そういうキボウをそこに託す。
17動物園としては日本最北にイチする。
18ペンギンを、雪の日にカコいの外に出す。
19エイセイツウシンのおかげで会話ができる。
20簡単な食事でスませる。
21アラタめて身辺を見回す。
22タイコの昔から、火のまわりにはいつも人がいた。
23地球上ではアラソいが絶えない。
24遺伝子は親やソセンから受け継いだ。
25チキュウは人間だけのものではない。
26自然をツタえる写真。
27驚くという大切な生のイトナみ。
28歩くというタンジュンな動作。
29ジョウホウショリのしくみ。
30人のアユんできた人生。
31静かでヘイワな気持ち。
32存在がタシかめられた。
33さまざまな情報をハコぶ。
34癌をコクチする。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG