NO IMAGE

下線部の漢字の読みを書け。

1弘樹の成長が、息子ながら奇妙に感じる。
2言葉にできない苛立ちを含んでいるようだった。
3父親への気詰まりを察してつい躊躇った。
4部屋の中から豪快なくしゃみがする。
5力を振りしぼった。
6耕うん機はじわりと体勢を立てなおしてきた。
7息を吐くようにして言った。
8耕うん機でないと、ここらの棚田は耕作できん。
9目を凝らしてひとつひとつ確かめる。
10鋭い目。
11コンピューター制御の切削機械。
12原口は満面の笑みを小松さんに向けて言った。
13真剣な眼で老人たちを見据えた。
14寒天はまだ残っているし、極上の砂糖もある。
15おばあちゃんの剣幕に息子はたじろいだ。
16ようやく威厳を保って、いい渡した。
17土手の道。
18慌てて声をひそめる。
19神社の境内。
20戸惑いが浮かんでいる。
21その音に促され、きっぱり言った。
22左手に手提げ袋まで持っている。
23思いがけない御馳走に、歓声をあげて頬ばった。
24南北に長く連なる丘陵。
25目配せしあって、いやな感じで笑った。
26みんなから注目を浴びる。
27押野がおどけて沈黙を破った。
28いろんな種類があるんだなあ、と漠然と思った。
29廣作は掃除、片付けを懸命にした。
30仕事の呑み込みも早く、要領も良かった。
31それは偶然だろう。
32仕事の段取り。
33恐怖で全身が脈打つような気持ちだった。
34遠くに見える山の輪郭。
35フダツキの悪童が暴れる。
36目を潤ませる。
37コロッケを揚げる。
38父は書斎にいた。
39子どもが泣いているのを見て、困惑した。
40手間を省く。
41票が割れて、なかなか絞りこめない。
42私の案が候補に挙がった。
43頭の隅をよぎった予感は、当たった。
44転勤の話を断ることはできない。
45穏やかな声だった。
46寝室に向かって歩いていった。
47車のワイパーに何か挟んである。
48両手でムーの頭を包むように撫でた。
49母親はすぐに診察した。
50苦笑を崩さない。
51勘定を払う。
52好物だからねえ、と彼女がいう。
53寒いのに素足で歩きまわる。
54手がじゃけんに払われた。
55夢中ですがりつく。
56そのことは承知の上です。
57東の空を仰いで日の出を見る。
58朝の水の冷たさに眼を覚ます。
59山の頂が日の光に輝く。
60父が捕まらない。
61手配を採る。
62理不尽に思える。
63十円玉を握る。
64病院に入院している患者。
65布を裁つ。

 

下線部の漢字を書け。

1ショウジキにいって、……。
2そしてぐちこそ生きがい感の最大のテキである。
3外的ジョウケンに恵まれない。
4ナりをひそめ、時期の到来をうかがう。
5地球キボでの革命を誘発している。
6自動車の動力ゲンとして期待されている燃料電池。
7民間のサイレイ習俗や神道的な宗教観。
8神がコウリンする樹木。
9人間は倫理・規範をキュウソクに失いつつある。
10地球を一色にソめ上げようというのではない。
11すでに現役をインタイしてしまいました。
12中田はホウフな選択肢を持っています。
13柱と梁でカコまれて生まれる「間」。
14自我をユウセンする西洋の文化。
15ヤクソクに反する。
16それが自我をハッタツさせたのでしょう。
17キゾクする集団、社会、国家、世界。
18歴史は無用の人文学としてケイシされた。
19人間の自己認識のイトナみ。
20個人のメイウンを超えた永遠性をもつのです。
21若い板前が料理のウデを磨く。
22思いが意識をシめる。
23その成果の価値をギンミして行動する。
24二つの欲望のジュウソクがともなっている。
25タイコの昔。
26人類は道具を使い、ノウを発達させた。
27人間は自然を制御し、人工化をココロみてきた。
28西欧的自然観によってウラウちされている。
29どうしてそんな見方をするのかとフカカイに思う。
30自分の世界をキズき上げていく。
31旅先で出会った人と意気トウゴウして語り合う。
32シンキ一転の旅に出る。
33ニーチェのチョショを読む。
34コライ、さまざまな人が共通して言っている。
35独創的な人間は経験によるヨソクを排除している。
36ケッキョク、答えは出せなかった。
37コウギに解釈すれば、ヒトも動物だ。
38初期のころのヒトの技術はサルとタイサない。
39ノーベルはノーベル賞をソウセツした。
40莫大なロウリョクが投入される。
41役割をハたす。
42想像力をヨウキュウする問題。
43住民とチョクセツ話し合う。
44コウキョウの場で発言する。
45坊さんがキョウクンの対象として登場する。
46自分自身のサイカクでビジョンをたてる。
47ギジュツ的な向上。
48低いレベルのところで侮ってマンゾクしてしまう。
49キョクセツや困難を通り抜ける。
50論文をインヨウする。
51芭蕉のソンケイした詩人たち。
52仏教のムジョウ観。
53時間のホンシツと結びつく。
54自分たちのトッケンだ。
55ショザイなしにぼんやりと過ごした。
56共通感覚を働かせるヨチがない。
57アメリカをダイヒョウとする。
58ムカシバナシになるだろう。
59短い言葉を心の中でトナえ続ける。
60社会や経済をテンカイする。
61キョウミ深い文章。
62スクったり手助けする。
63カンショウ的になる。
64ひそかにカクホする。
65新聞・ザッシに載る動物小説。
66相手のイトをくむ。
67ヨり添って歩く。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG