NO IMAGE

兵庫県

下線部の漢字の読みを書け。

1碧郎は父の前へ行くのを無言で拒んだ。
2父親も嘆いておりました。
3二種類の欲望は、矛盾なく生きているらしい。
4作品に弾力は伴わない。
5読みの誤りから遠ざかる条件でもある。
6文章に即して謙虚であり、杜撰でさえない。
7決して不可能な試みとは言えない。
8「忍耐力」「ユーモア」などの価値は存在する。
9偏った思考の持主。
10その行為を多くの人が認め得るか否かを吟味する。
11食堂には、調理するひと、配膳するひとが要る。
12音楽に浸りたい。
13からだが不自由な人を、介助をしてくれるひと。
14自分を鍛えておかなければならない。
15例文が載っていた。
16やや極端な言い方だ。
17色が滲んで濃くひしゃげているところがあった。
18汚れの箇所を示してみる。
19景観が損なわれる。
20生活者に不便を強いるのは問題だ。
21濁流の中を泳ぐ魚の様子を心の中で想像した。
22濁った水面から雑魚が糸に引かれて躍り出た。
23自己啓発本がつねに上位を占めている。
24自己啓発本がつねに上位を占めている。
25そういう気持ちが、リストから透けて見える。
26克服し、たったひとりで自分の内面を深める。
27築き上げていかなくてはならない人間関係。
28維持していかなくてはならない人間関係。
29そんな単純な方式は、実際には実践できない。
30日本庭園は、自然を模してつくっている。
31大脳皮質の前頭葉に記憶が蓄えられる。
32膨大な体験の一部分だけが記憶される。
33無意識の深層に眠っている記憶を掘り起こす。
34思い出すことのなかった記憶を想起する。
35周りを見回す。
36案の定、彼の仕業だ。
37しばらくその場で海を眺めた。
38列車に揺られて、目的地にたどり着いた。
39目に見えない問題が潜んでいる。
40今まさに正念場にあると言えるだろう。
41エビが跳ねまわる。
42私の田舎では、エビガニはスルメで釣る。
43田んぼ独特の腐臭を口に味わう。
44渦のようにぼくを巻きこんだ睡魔。
45荒涼とした冬枯れの田んぼ。
46精彩のない姿で、横たわっていた。
47自分自身を新たに見直す。
48鮮やかな紫に発色する。
49名残おしそうもない様子だった。
50錯覚におちいる。
51激しい摩擦音。
52顔が緩んだ。
53やせ我慢を強いる。
54濁った声。
55声をあげて男の姿を探した。
56手間がかかる。
57談判する。
58オフェリアの埋葬の場面で涙を流す。
59雪が町を覆う。

下線部の漢字を書け。

1「故意」の対義語は「カシツ」。
2ジタイの重要さがわかっていない。
3おれには6区をツトめる力がない。
4すべてをダイナしにするわけにはいかない。
5俊介に伝えた言葉を卜ナえてみる。
6詰め寄る心のイキオいをかわす。
7時間もロウリョクも半分以下ですんだだろう。
8あとは明日のジュンビだけ。
9マンメンの笑み。
10御木元玲のクチョウはあまりにも自然だった。
11こうして聴くとアンガイいい。
12この学校に愛着を感じる人をマヂカに見た。
13テれくさそうに千夏はちょっと俯いた。
14「学校」をソシキとして見ている。
15無菌状態のままホカンされている。
16少女の身体と同じくらいのアツみ。
17椿の花は花びらをチらさない。
18船で横浜にジョウリクした外国人たち。
19大切にしていなければ、ジゾクするはずはない。
20ヤマベトクユウの斑紋が見えた。
21魚がムれていそうな場所にえさを入れている。
22太いミキから小枝の先。
23ためイキが出た。
24腰にマいてあった縄を一瞬にしてほどいた。
25高い所のヨブンな枝と枯葉を落とした。
26チョウレイ台に寝転がって息を整えた。
27そんな言いワケが頭に思い浮かんだ。
28カンタンにまた元のレベルにまでうまくなる。
29元のレベルにまでうまくなるのはムズカしい。
30隣町からやってきたチームとのタリュウ試合。
31自らマネいたミスにより逆転負けを喫した。
32辺りには夕やみがタれ込めてきている。
33レンガのハヘン。
34中身のないアサい会話。
35その二つをリョウリツさせるのは難しい。
36さまざまなリョウイキの人々と接する。
37ちがう分野の人と対話するキカイにめぐまれる。
38より便利であれば、使いたくなるのがトウゼンだ。
39父親にワをかけたお人よし。
40うしろからセのびしてのぞきこんだ。
41キッパリとしたクチョウで言った。
42人間関係をショリする。
43他に行くところがないからシカタなく居た。
44「言葉で表現する」という習慣のテンケイ。
45そう言うのがインショウテキだ。
46長距離走のあとの乱れたコキュウを整える。
47人とふれあうキカイを持つ。
48数軒の家にカコまれる。
49とてもシンセツな和尚さんだ。
50カンゲキするほどおいしかった。
51それはハてしなく、そして深い。
52そのままスナオに文章にしなさい。
53方向をチョウセツしていく。
54家計をササえる。
55倒れる樹のジュウリョウカン。
56大方のジョウシキです。
57ダンコとした調子。
58カッコウのよさにこだわる。
59腕と腹がイタい。
60体のジュウシンが前に傾く。
61あとのテンカイは予想される。
62ふるさとにキセイする。
63私のニッカ。
64妹に下駄をトドける。
65シンコクな問題を解決する。
66仲間とギロンする。
67天体をカンソクする。
68二酸化炭素のキュウシュウ。
69カンタンな英語で書いたイエス伝を読む。
70丘からは川がイチボウできる。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG