NO IMAGE

下線部の漢字の読みを書け。

1感謝されるようなことは何もない。
2図書室の奥の壁沿いに並んだ百科事典。
3私のことを優しいって言ってくれる人もいる。
4「マチ、おはよう。」と普段通り挨拶してくれた。
5MoMAなどデザインを収集している美術館。
6広い廊下の両脇はカーテンで仕切られている。
7患者たちのベッドが並んでいる。
8独房のように閉ざされた部屋。
9歌声がだんだん薄れていくのに気がついた。
10ブチリというイヤな音が鼓膜に伝わる。
11「あー、届いてるよ、それ。」
12背後で足音が聞こえた。
13体が熱い。
14草太も黙って頷いた。
15やがて草太の歓声が聞こえた。
16草太は坂の頂上にいた。
17「これだと、意外と奇跡で積もるんじゃないか?」
18ずっと上を向いていたので首筋が痛くなってきた。
19あまりにも唐突な一言にどう応えていいのか。
20自分の言葉に急に照れてしまった。
21ススキを食べて飢えをしのいでいるのだった。
22エサの一番とぼしい季節。
23そして音の方から一頭の茶色い馬が現れた。
24馬たちは距離をたもち、ついてくる。
25遠くの山並みは厚い雲に隠れてみえなかった。
26入念に勢い止めの中を探った。
27いつもの儀式だった。
28雨鱒を突く体勢はすっかり整った。
29自分のなかのもやもやしたことを明確にする。
30納得できない考えには従いたくない。
31懸命に話してみても、わかってもらえない。
32結論及びそう考える理由。
33実際テレビにでた人なんて、まわりにはいない。
34ホームビデオを撮る。
35ウェットスーツに身を固める。
36今日の獲物はアワビです。
37さらけ出すだけでは、限界がある。
38読むことは、文章力を熟成させるのである。
39「考えがまとまらない」と悩む人もいる
40現状のどのような問題点を克服するのか。
41雑誌にこんな詩が載っている。
42簡潔な言葉で見事に表現する。
43ほほえましい情景。
44想像力を鍛える。
45休憩をまぜれば、なんとか行ける気もした。
46ふりかえる余裕などなかった。
47真っ青な空を背景にする。
48ひやっと冷たい砂。
49家で飼っている犬たち。
50天井の一部が開く。
51文章に書くという課題を与える。
52旅行記には事実が多く書かれていた。
53深い罪の意識から逃れる。
54若い僧が慰めに語った言葉。
55高遠な理想を掲げる。
56根本的な姿勢。
57子どもは純真だ。
58経験の範囲。
59傾向を示す。
60日常生活の惰性を抜け出す。
61わかりにくい表現を避ける。
62生活上、出現頻度の高いことば。
63多義的な文は読み手に負担をかける。
64言語的に実現した軌跡。
65創作活動に携わる人々。
66あらゆる事柄に関して旺盛な観察意欲がある。
67観察結果を分析する。
68夜空の月を眺める。

下線部の漢字を書け。

1その種に特有の習性としてミトめられる捕食行動。
2エサの獲得やキケンの回避に役立つ行動。
3試行錯誤のスエ、そのような行動が増えてくる。
4この崖を降りてゆくとヤクソウがある。
5このまま晴れるかもしれないとキタイしていた。
6五月ナカばだというのに、むっとするほど暑い。
7「行かないで。」と泣いてくれるとシンじていた。
8小さくオりたたまれた紙。
9無意識のうちに発想の選択がツみ重ねられる。
10こちらのほうがくだけた感じがいくらかツヨい。
11こちらのほうは、ワルい連想と結びつきやすい。
12実際のイメージに接近しようとするドリョク。
13古代の哲人たちがパラドックスをナげかけた。
14ノロノロとアルく亀。
15省シゲン・省エネルギー。
16エネルギー消費をセツヤクする。
17忘れられたソンザイ。
18タンジュンにユーモラスでおもしろい。
19含蓄のフカいことを述べてあって興趣尽きない。
20恋人とヒき裂かれる。
21「観る」というシュウカンが定着している。
22繰りカエし映画が上映される。
23あの事件はそうゆう理由でオきていたのか。
24それでもカマわなかったのである。
25二駅前のジョウホウが表示される。
26それとオナじ感覚を取り入れる。
27かなりムカシ、友人が博覧会の話をしてくれた。
28容易にソウゾウできる。
29爆撃された橋は、鉄筋のものがシンセツされた。
30泥がそのままナガれる。
31彼は温かい息をぼくのミミの穴にふきこんだ。
32それは水底からスイチョクにたっていた。
33満一歳過ぎぐらいの赤ん坊がアルき出す。
34ミジカい期間にたくさんの体験をする。
35体験で、「知識」をつくりだしたカノウ性がある。
36シッパイを繰り返しながら学んでいく。
37身のキケンを感じる。
38魚のシュウセイを利用して漁をする。
39でこぼこした道でコロぶ。
40ボールをナげる。
41木のエダ。
42階段のウラガワへ目をやって、部屋のドアを見る。
43母とソウダンのうえ、お見舞いの品を届ける。
44メモにはおレイの言葉が書かれていた。
45被災者の声を伝えるのが私のヤクワリです。
46避難所の子供たちともアソぶようになった。
47新鮮な発見をモり込む。
48いくつものショウメイが輝く。
49ラムネのビンのようにフトいウナギの頭。
50何度もココロみる。
51これからがショウブだ。
52ケッキョク、土手に上がり腰を下ろした。
53それを歌うことがオオかった。
54カわったことがあったようでもない。
55くだもの屋のエイギョウ時間。
56これではアイテに通じまい。
57ヤクソクを守る。
58島のひながソダつ。
59背中を後ろからササえる。
60鳥のセワをする。
61ヒメイを上げる。
62祖父母のもとでクらす。
63ソり返った姿勢。
64ルス番をする。
65櫨を握るイチが高くて手が届かない。
66箱を三個ツみ重ねる。
67船を使うことをキョカしてもらう。
68掌にできたまめが潰れてイタい。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG