現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

はじめに

受験生の方々大切にしていただきたいことがあります。

それは、、。

とにかく健康に気を配ること!(もちろん受験生以外の方もですが、。)

身体の健康はまず食事から!でも何が良いのかも分からないし時間もない。そんなあなたに!今回はジーク流理想の受験メシを紹介いたします。

最強の試験メシ『素うどん』

皆さんは大きな勝負ごとの前に何を食べますか?ゲン担ぎとしてカツ”勝つ”を食べたりする方も多いのではないでしょうか。しかし肉は消化に大きなエネルギーを必要とする上、緊張する受験直前の場面では腹痛を引き起こす可能性があったりとあまりお勧めできません。

ここで私が推薦したいのがズバリ「素うどん」です。

素うどんのここが良い!

受験シーズンの1月から3月は寒い!とにかく寒いです。朝から温かい素うどんを取り込むことで指先が凍えそうな寒さの中でも身体の内側から温めることができます。また、うどんは炭水化物なので素早く糖分を取り込むことができます。頭を使う際には必ず摂取したい糖分をきっちりと取れるのでまさに受験向きですね。食べる際にはしっかりと口の中で噛んで飲み込みましょう。迅速な糖への分解の効果が期待できるでしょう。 そして、なぜ「うどん」ではなく「素うどん」なのか。これにも立派な理由があります。肉や野菜が入ったうどんももちろん美味しくて嬉しいのですが、カツと同じような理由で腹痛を催したり素うどんによる素早い糖分摂取の効果が鈍くなってしまう可能性があるのです。もちろん偏った栄養摂取はよくないので日頃から肉や野菜をとる必要性は十分あります。素うどんはあくまで試験当日やその日を想定した模擬試験の日におすすめメシなので、受験当日までそればかりを食べて対策するというのはやめましょう。

 

勉強や試験の間に『チョコレート&キャンディ』

勉強のお供といったらやはり外せないのが糖分!氷砂糖をはじめとするキャンディ類やチョコレートなどは糖分を摂取するのにもってこいのお菓子ですね。おまけに手を汚さずに勉強に集中しながら糖分補給ができるので最強です!私もお徳用チョコレートをよく勉強中に食べていました。お徳用の袋をそのまま勉強部屋に持っていってしまうと食べ続けてしまうので3、4個ほど取り出して一気に食べ尽くしてしまわないように工夫していました。机の上に出す量が多いと食べる方に集中してしまうので効果的な食べ方を皆さん自身に考えていただけたら良いと思います。

眠気ざましのコーヒーには注意!?

勉強中、突然睡魔に襲われてコーヒーでやり過ごしたという経験はありませんか?コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどに含まれるカフェインという物質は興奮作用や覚醒作用が確認されているため、これらの飲料は多くの場面で”眠気ざまし”として愛されています。(カフェインの効き方は個人差があります。)しかしこのカフェインは短時間で多量に摂取するとあまり人体に良くないと言われています。カフェイン中毒という言葉もあり、毎日コーヒーを8杯も9杯も飲むと中毒になる危険性があるそうです。また夜の寝つきが悪くなったり、規則正しい睡眠が崩れる原因になる可能性もあるため、自分とカフェインの相性をよく理解して活用するようにしましょう。ちなみに私は入試当日の3ヶ月前からは午後4時以降はコーヒーを飲まないようにするなどの工夫をしていました。

最後に

どんな予備校に通っていても、どんな参考書を使っていても、結局最後は皆さん自身の力で戦わなくてはなりません。だからこそ、今までの勉強の成果が本番で十分発揮できるように体調管理を皆さん自身で行うことが大事です。このページはあくまで制作者の一例なので、参考程度に考えていただけたら嬉しいです。食べ物の好き嫌いや、食材と体との相性は一人一人違うため、自分にあった理想の受験メシを見つけてみてください。

>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。

「やればできる」

その自信こそが受験で得られる最高の宝です。

「やらなくてもできる」「なんとかなる」
そういった過信を捨て、
「やればできる」「なんとかする」
そういった自信を持つ。

どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG