hitsuji_bungaku
今回は羊文学の「1999」という曲を紹介していこうと思います。タイトルの1999とは、ノストラダムスの大予言で人類が滅亡するとされていた年です。この曲は、歌詞にも「世紀末のクリスマスイブ」と出てくるように、ノストラダムスの大予言のもとで過ごすクリスマスをイメージしてつくられた曲です。いつも通りのクリスマスであれば、みんな穏やかな気持ちで過ごせますが、滅亡の年のクリスマスともなると人々の過ごし方や態度も変わってくるのです。「    それは世紀末のクリスマスイブ   僕が愛していたあのひとを

知らない神様が変えてしまった            」

という歌詞のように、焦りや混乱の中にいる人々は人間の醜い本性をあらわし、本当に大切な人を忘れたりしてしまいます。人々をこのような混乱に招いたのは、神の力などでは無く、人間の言葉です。ノストラダムスの大予言を信じ込んだ人々がそれを大きく拡大させていったのです。

1999年のノストラダムスの大予言が数多くの人々に影響を与えたのは、紛れもない事実です。そんな予言に騙されるなんて馬鹿だなあなんて思う人もいるかも知れませんがんが、人の言葉が与える影響力は恐ろしいものだと私は思います。

 

・他の記事はこちらから!→現役大学生の音楽考察

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG