現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。
今回は羊文学の「1999」という曲を紹介していこうと思います。タイトルの1999とは、ノストラダムスの大予言で人類が滅亡するとされていた年です。この曲は、歌詞にも「世紀末のクリスマスイブ」と出てくるように、ノストラダムスの大予言のもとで過ごすクリスマスをイメージしてつくられた曲です。いつも通りのクリスマスであれば、みんな穏やかな気持ちで過ごせますが、滅亡の年のクリスマスともなると人々の過ごし方や態度も変わってくるのです。

「    それは世紀末のクリスマスイブ   僕が愛していたあのひとを

知らない神様が変えてしまった            」

という歌詞のように、焦りや混乱の中にいる人々は人間の醜い本性をあらわし、本当に大切な人を忘れたりしてしまいます。人々をこのような混乱に招いたのは、神の力などでは無く、人間の言葉です。ノストラダムスの大予言を信じ込んだ人々がそれを大きく拡大させていったのです。

1999年のノストラダムスの大予言が数多くの人々に影響を与えたのは、紛れもない事実です。そんな予言に騙されるなんて馬鹿だなあなんて思う人もいるかも知れませんがんが、人の言葉が与える影響力は恐ろしいものだと私は思います。

最新情報をチェックしよう!
>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG