soldier

試験編_第1章_始まりの剣

この扉の向こうに、魔王ジュケーンがいる。

心臓の音が大きくなり、他の音が消えていくのを感じた。

剣に結びつけられたお守りが小さく揺れる。

「顔を上げろ。ゴウカク。」

師匠の言葉にハッとする。

「大丈夫だ。魔王配下のキマツもモシも倒してきたじゃないか。お前なら勝てるよ。」

「…うん。行ってくる。」

寸刻扉を見つめた後、扉に当てた両手にゆっくりと体重をかけた。錆びた蝶番が鈍い音を立てて回る。

視線の先には、魔王ジュケーンが玉座についていた。

「よく来たな勇者よ。しかしモシごときに苦戦したお前に何ができるというのだ。」

「あの時とは違う!今なら、お前にだって勝てる!」

魔王ジュケーンは余裕の笑みで右手から数学を放った。

ゴウカクの剣が数学を切り裂く。

「前と違うのは嘘ではないようだ。しかし進化したのはお前だけではない!」

魔王の両手が光った。今度は英語リスニングと英語ライティングが同時に迫り来る。

「そのくらい予測済みだ!長文が多いことも!」

切り裂かれた二つの光弾は爆音とともに激しく光る。

ジュケーンの頬に冷や汗が流れた。

ありったけの科目を連続で放つも、ゴウカクは止まらない。

「終わりだ!ジュケーーン!!」

ゴウカクの剣が魔王ジュケーンを切り裂いた。

魔王の体が光となり、指先から消えていく。

「まさかお前の偏差値がここまで上がっていようとは…」

「ずっと、お前に勝ちたかったから。」

「私が消えても、魔王ジュケーンは必ず復活する。お前の努力など自己満足に過ぎない。」

「そうかもな。」

ゴウカクは踵を返し、魔王城を後にした。

「おめでとう!」

村に帰ると、みんなが笑顔で祝福してくれた。家族も、師匠も。ああ、とっくの昔に、この戦いは自分だけのものではなかったんだ。

「お、おめでとう、ございます…」

少年がおずおずと前に出てきて言った。

「君、名前は?」

「伸一…」

「そうか伸一。次は、君の番かもな。」

ゴウカクが伸一の頭を撫でる。

伸一は、小さく笑った。

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG