pose_atama_kakaeru_woman

スランプからの大脱出!~英語編~

夏を終え少しずつ実力がついてきた今、思うように成績が伸びなくなったと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?スランプに悩まされるあなたに、とっておきのスランプ大脱出法をお伝えします。スランプを脱出し、よりステップアップした自分で受験を迎えましょう!
今回お伝えする科目は「英語」です。文系も理系も必要な英語は、誰もが避けては通れない科目です。本番で安定した得点を取るために、スランプから脱出し力をつけていきましょう!

得点が伸びない原因3つ

①手順が非効率のため、解答時間が足りない

英語は特に問題量が多く、解答時間が足りないと考える受験生は非常に多いのではないでしょうか。
では、なぜ解答時間が足りないのか。それは「解答プロセスに無駄が多いから」です。全ての問題を最初から最後まで自分のペースで丁寧に読み進めていては、解答時間に余裕が無くなってしまいます。
試験時間内に解ききるためには、先に設問に目を通し、何が問われているのかを掴むことや、1段落読むごとに解ける問題を処理するといった工夫が必要です。模試や過去問を利用して、試験時間内に解き終わる解答プロセスを身に着けていきましょう。

②長い英文に圧倒され、全体の要点が把握できていない

近年の入試問題は長文化が著しくなっています。そのため、各段落・文の内容はある程度理解できていても、文章全体としての内容を掴むことができない受験生は多いです。では、どうすれば全体の要点を掴むことができるのか。それは「段落間の関係を意識すること」です。段落を単体で理解しようとするのではなく、段落間の関係に注目し、この文章は要するに何が言いたいのかということを掴むことが必要です。

③語彙・文法・語法の知識不足で自信がない

個別試験の得点が伸び悩む原因としてまず考えられる理由が知識の定着が甘いことによる迷いです。
英単語の意味以外にも、自動詞・他動詞の違い、加算名詞・不可算名詞の見分けなど曖昧になりやす部分まで
丁寧に復習を行っていく必要があります。では、どうすれば自信を持てるようになるのか。それは「多くの問題を解き、知識の精度を上げていくこと」です。多くの問題を解くことで、新たな知識を身に着けることができるだけでなく、頻出である知識の再確認もすることができます。

ケース別スランプ脱出法

Case1 英文の内容は理解できているのに、得点に結びつかない
原因:解答プロセスに丁寧さが無いため

特に内容一致問題などにおいて、選択肢を見て「そういえばこう書いてあった気がする」で解答してはいないでしょうか。このように自分の中の曖昧な記憶に頼っての解答は正答率を下げる原因になってしまうため、オススメできません。長文は読むことに時間がかかるため焦ってしまいがちですが、正誤を判定する際には選択肢を本文の該当箇所と照らし合わせ、全てが一致しているのを確認した上で選択しましょう。
問題の選択肢には、数値だけが違ったり前半が合っていても後半の文が違うといったひっかけ選択肢が多くあります。一つ一つのプロセスを丁寧にすることを心掛けましょう!

Case2 知らない単語は無いのに、内容が頭に入ってこない
原因:単語の意味を取るのに時間がかかりすぎている

全ての単語の意味が取れるのに、内容が頭に入ってこないという人はいませんか?
その原因が「瞬発力不足」です。例えば、一つの単語を見てから意味を取るまでに5秒かかるとします。
一見、5秒というと短く感じますが長文化が進む現在、一つの単語に5秒かかっていては全ての文章を読み終えるまでに非常に多くの時間を費やすことになってしまいます。そればかりか、すぐに意味を思い出せないため問題を解く度に何度も文章を探さなければならなくなり、無駄が多くなってしまうのです。
無駄をなくすためには、「瞬発力を鍛えること」が重要です。単語を見た瞬間に意味がとれるように暗記を繰り返し、瞬発力を鍛えていきましょう!

Case3 記述問題の得点が伸びず、部分点も十分に取れない
原因:採点基準を意識した答案になっていない

記述問題で内容は合っているにも関わらず、得点に結びつかない人は多いのではないでしょうか。
その原因が「採点基準を満たしていない解答だから」です。例えば、和訳問題では意味があっているだけでは得点になりません。英文の構造を正しく理解できているか、意訳しすぎていないかといった部分まで見られます。
また、説明問題では簡潔すぎる文章は不十分であると判断されてしまうことがあります。自分で詳しく書きすぎたかな?ぐらいが丁度よい答案です。採点基準としてどんな条件を求められているのかを意識し、答案を作成するようにしましょう!

得点力大幅UP!の学習習慣

●インプット(暗記)からアウトプット(演習)へシフトチェンジ!

単語は【英⇒日】ではなく【日⇒英】で暗記!

記述問題はなるべく先生に添削してもらう!

英文中にマークやメモなどの解答プロセスを残す!

選択肢を選んだ根拠を説明できるようにする!

 

これらの方法を活かしてスランプを脱出し、
よりステップアップした自分で受験本番を迎えよう!
英語自体に苦手意識を持っている人には、洋画を見ることから始めるとgood!
↳英語を学ぶ上で、おすすめの洋画
⇨苦手分野まで徹底カバーするジークのサポートはこちら
NO IMAGE

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。

「やればできる」

その自信こそが受験で得られる最高の宝です。

「やらなくてもできる」「なんとかなる」
そういった過信を捨て、
「やればできる」「なんとかする」
そういった自信を持つ。

どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG