現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

大学のテストはカイジの鉄骨渡りくらい重い

受験生の皆さん、先週末に共通テストが実施され受験真っ只中だと思います。ですが本番は2月から、という方が多いのではないでしょうか。私立や国公立の本番も控えてます。親や友人からのプレッシャー、将来への不安、自分の実力に自信がなくなったり、、、緊張している方も沢山いるのではないでしょうか。心中お察しします。何を隠そう、私は逃げたかった。
しかし、大学に入ればこの苦しみから逃げられると思ったら大間違い!なんなら受験より緊張する、これが大学の期末試験だ!なぜならば、このテストを落とせば留年してしまうからだ!これがめちゃくちゃ怖い。留年すれば国公立なら60万、私立ならば理系なら120万、学校に課金することになります。120万が自分の双肩にかかってるテスト半端じゃない。ええ、みなさんの言い分は分かります。「こっちだって国公立落ちたら4年間で240万学費変わるじゃん!」確かにそうです。ですが受験は基本的に落ちても親や友人に労ってもらえるでしょう。「よく頑張ったよね」とか、「しょうがないよ」とか。しかし、留年は違います。基本的に自己の怠慢をつきつきられ、最悪の場合、首が飛ぶことになるでしょう。「ああ逃げたい。でも逃げれば綾波がエヴァに乗ることになる。逃げちゃダメだ。」これが学期末の大学生の心理状態です。必死の思いで今までの勉強の遅れを取り戻すため、学力補完計画に勤しみます。早く終われや期末テストこんんちくしょう。

最新情報をチェックしよう!

毎日コツコツこつたろうの最新記事8件

>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG