kaizi_tekkotsu

大学のテストはカイジの鉄骨渡りくらい重い

受験生の皆さん、先週末に共通テストが実施され受験真っ只中だと思います。ですが本番は2月から、という方が多いのではないでしょうか。私立や国公立の本番も控えてます。親や友人からのプレッシャー、将来への不安、自分の実力に自信がなくなったり、、、緊張している方も沢山いるのではないでしょうか。心中お察しします。何を隠そう、私は逃げたかった。
しかし、大学に入ればこの苦しみから逃げられると思ったら大間違い!なんなら受験より緊張する、これが大学の期末試験だ!なぜならば、このテストを落とせば留年してしまうからだ!これがめちゃくちゃ怖い。留年すれば国公立なら60万、私立ならば理系なら120万、学校に課金することになります。120万が自分の双肩にかかってるテスト半端じゃない。ええ、みなさんの言い分は分かります。「こっちだって国公立落ちたら4年間で240万学費変わるじゃん!」確かにそうです。ですが受験は基本的に落ちても親や友人に労ってもらえるでしょう。「よく頑張ったよね」とか、「しょうがないよ」とか。しかし、留年は違います。基本的に自己の怠慢をつきつきられ、最悪の場合、首が飛ぶことになるでしょう。「ああ逃げたい。でも逃げれば綾波がエヴァに乗ることになる。逃げちゃダメだ。」これが学期末の大学生の心理状態です。必死の思いで今までの勉強の遅れを取り戻すため、学力補完計画に勤しみます。早く終われや期末テストこんんちくしょう。


他の記事はこちら↓

毎日コツコツこつたろう

毎日コツコツこつたろうの最新記事8件

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG