hai_kyu
みなさんは最近までジャンプで連載されていた「ハイキュー!!」という漫画をご存知だろうか。簡単に内容を説明すると高校生がバレーボールで全国制覇をめざす漫画だ。その「ハイキュー!!」のアニメが最近放送されていたので久しぶりに見ていた。その中で、あと一点どちらが点数を取るかで試合の勝敗が決すというもっとも緊迫した場面。控えの選手がコート上で凌ぎを削る選手たちの心情を語る場面があった。「ここで点取った奴がヒーローや」。そう語っていた。
普通の人間、いや私のような人間が勝負どき考えることは、「できるのか」とか「いやできる、自分を信じろ」とか基本外のプレッシャーについてとそれになんとか打ち勝とうということだ。
でも本当に勝負に集中している奴は違う。目の前の勝利や成功しか見えていない。バレーボールの試合だったら「この一点を取りたい」とか、受験本番だったら「この一問を解きたい」とか、きっと誰かに告白するときも「ああ付き合えたら楽しいだろうな」とか。凄まじい集中力だ。これが覚悟という奴なんだろう。
こういう勝負に集中し切った人と戦うにはやはり、自分も覚悟を決めるほかない。頑張っていきたい。
NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG