福井県

下線部の漢字の読みを書け。

1 廊下の端まで掃除する。
2 太陽の光を浴びる。
3 言いかけた言葉を遮る。
4 内容が希薄である。
5 気を緩めないように戒める。
6 互いに刺激を与えあう。
7 試合の均衡が崩れた。
8 淡い色のシャツを着る。
9 経済に関する本を著した。
10 自社で人材を雇用する。
11 食事の支度をする。
12 時を隔てて出会う。
13 奉仕活動に携わる人たち。
14 一部分を抜粋してまとめる。
15 飛行機が旋回している。
16 直ちに行動にうつす。
17 懇談会に出席する。
18 致命的な問題がある。
19 ひざを抱える。
20 慌ただしい日をすごす。
21 雰囲気のよい店。
22 唯一の方法。
23 栄養が偏る。
24 厳かな式典。
25 健康を損なう。
26 屋根を覆う雪。
27 廉価な商品。
28 賠償金をはらう。
29 変化が著しい。
30 恩に報いる。
31 逐次、知らせる。
32 勘定を支払う。
33 家の壁。
34 妹を無視する。
35 子犬は震えていた。
36 その考えが随分気に入った。
37 男同士で散歩とは、いささか気色悪い。
38 緊張した面持ちで、うなずいた。
39 額の汗を拭う。
40 松の枝の間から太陽の光が漏れる。
41 過剰な情報が、私たちを規制する。
42 需要と供給とのバランス。
43 自他の生死が交錯する場所。
44 からだを鍛える。
45 ひんやりとした書斎の中の文鎮。
46 私は不機嫌な子供だった。
47 原稿用紙の厚い束を手にした。
48 紛失に気づくまでの数日間。
49 水は容赦なく体を打ち付ける。
50 その衝撃は想像以上に大きい。
51 これは成功率はまずまずの技だ。
52 性懲りもなく深い後悔の念に襲われる。
53 その時は一斉に悲鳴をあげる。
54 危険を冒す。

55 自分だけの占有物である。
56 人々を静寂の世界へといざなう。
57 鈍行列車が海沿いに走る。
58 幼いころからの癖。
59 列車と同じ方向に飛ぶと悟る。
60 あの鳥は懸命に羽ばたいている。
61 新しい葉が茂る。
62 老女の剣幕にたえる。
63 にこやかな奥様にお辞儀をされる。
64 ものさしは寸法の定め、長さのきまりです。
65 僕は二度と再びペンを握らない。
66 祖父の家には大きな暖炉がある。
67 祖父はロマンチックであり、また風刺的である。
68 そんなことでは駄目だ!

下線部の漢字を書け。

1 仕事をココロヨく引き受けた。
2 反対の意見がイク同音に出された。
3 チームの中でトウカクを現す。
4 コウカ的な練習法を試す。
5 起承テンケツを考えて書く。
6 セイミツな機械。
7 ケワしい山に登る。
8 ユウビン番号を調べる。
9 ジュンプウ満帆の人生を歩む。
10 鳥が水辺にムれる。
11 私のキョウリは雪国である。
12 検定合格のロウホウが入る。
13 役割をブンタンする。
14 対応を役員にイニンする。
15 専用の部屋をモウける。
16 シンキ一転して練習に励む。
17 机をトトノえる。
18 輝かしいコウセキを残す。
19 テンボウ台にのぼる。
20 タントウ直入に話す。
21 落ち葉をヒロう。
22 コクモツの収穫。
23 タイショウ的な性格。
24 コウメイ正大。
25 目がサめる。
26 高原をサンサクする。
27 カフン症になる。
28 資金集めに、東奔セイソウする。
29 社長をシリゾく。
30 相手役をツトめる。
31 コウフンした観客。
32 朝令ボカイで混乱する。
33 高架線路のケンセツが進む。
34 遺伝子組み換え技術の開発にジュウジする専門家。
35 安全でユウボウと思われる技術の研究を進める。
36 夢とはコトなる現実。
37 健康をゾウシンする。
38 国のコンカンを揺るがすような大規模な災害。
39 平和でベンリである。
40 難民をスクいに行く。
41 ササえあうとか助け合うとかする。
42 野球のレンシュウをする。
43 そんなことはゼッタイ言わない。
44 少年の意志は、ハゲしく生々しい。
45 その判断は案外ムズカしい。
46 通常の変化のイキを越えている。
47 日本人の言語に対するシセイ。
48 スジミチを追った議論。
49 テクノロジーを始めとする、文化のソウゾウ。
50 廃棄物を自然によるショリにゆだねる。
51 時間がフえるどころか、忙しくなった。
52 二十一世紀を占うシヒョウ。
53 コマかな観察をする。
54 単語のフクザツな変化。55 ホウフに存在している。
56 それほどカンシンがない。
57 人々が知恵をハッテンさせる。
58 人々はまず談判をココロみる。
59 歴史をヨウヤクする。
60 助けることはムズカしくない。
61 どんな病にもキく。
62 テンネンのものから人造肥料に変わる。
63 キンシツな材料に調整する。
64 価格をキセイする。
65 年齢が高くなるにつれて、この数がヘる。
66 キュウソクに症状が悪化する。
67 教育とは、言葉による知的センレンである。
68 ランボウな口をきく。

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG