CATEGORY

泉編

泉編_第3章_期末テスト

 「今日部活ないから帰り道なんか食べに行こうぜ!」 伸一はいつも食べ物とバスケの事しか考えていない。食欲旺盛なバスケバカである。 「伸一、部活が無いのは期末テスト一週間前だからだよ?勉強しなきゃ。」 絵馬が言う。絵馬は成績優秀で特に歴史についての知識 […]

泉編_第2章_絵馬との出会い

小さい頃から空手三昧だった私は、親友と呼べる友達がいなかった。学校帰りは寄り道せずに道場へ帰り、休みの日もずっと空手の稽古をしていたのだ。 高校二年の春、新しいクラスになったときに私は絵馬と出会った。絵馬の第一印象はおっとりした不思議ちゃんというイメ […]

泉編_第1章_空手の子

私は幼い頃から空手をやっている。というのも、家が空手道場であり父は空手の教士なのだ。 母と父は私に、 「泉という名前は、いつまでも元気が湧き出る泉のような子に育ってほしいと願いを込めてつけたのよ。」「空手を極めて、たくましく立派に成長するんだぞ。」 […]

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」 これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。 勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。 情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。 あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG