kanekoayano

今回はカネコアヤノの『爛漫』という曲の歌詞を紹介していこうと思います。この曲の1番のサビで、

「  お前は知るのか 季節の終わりに散る椿の美しさを  」

という歌詞があります。椿の花と言えば、花弁が一枚ずつ散っていくのではなく、ボトッと花首から落ちていくのが特徴的ですよね。(ちなみに椿に似た花に山茶花がありますが、山茶花は花弁が一枚ずつ散っていきます。)

この曲では椿の散り方は美しいものとされていますが、昔は時代や身分によって椿に対するイメージが異なっていました。例えば、平安時代の貴族の間では「聖なる花」として扱われていましたが、江戸時代の武士の間ではその散り方が落首のように見えることから死を連想させるなど縁起が悪いとされていることもありました。見る人々によって花に対するイメージが変わっていくのはとても面白いですよね。

椿が散った姿をあらわす「落椿」という季語があります。落ちてもなお咲いていた時の状態を保っているその姿は美しくも儚いと思いました。

今の時期はちょうど落椿を見ることが出来るので、見かけたら是非この曲を思い出してみてください。

 

・他の記事はこちらから!→現役大学生の音楽考察

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG