現在、対面授業・ZOOMによるオンライン授業の選択が可能です。

カネコアヤノ『爛漫』

今回はカネコアヤノの『爛漫』という曲の歌詞を紹介していこうと思います。この曲の1番のサビで、

「  お前は知るのか 季節の終わりに散る椿の美しさを  」

という歌詞があります。椿の花と言えば、花弁が一枚ずつ散っていくのではなく、ボトッと花首から落ちていくのが特徴的ですよね。(ちなみに椿に似た花に山茶花がありますが、山茶花は花弁が一枚ずつ散っていきます。)

この曲では椿の散り方は美しいものとされていますが、昔は時代や身分によって椿に対するイメージが異なっていました。例えば、平安時代の貴族の間では「聖なる花」として扱われていましたが、江戸時代の武士の間ではその散り方が落首のように見えることから死を連想させるなど縁起が悪いとされていることもありました。見る人々によって花に対するイメージが変わっていくのはとても面白いですよね。

椿が散った姿をあらわす「落椿」という季語があります。落ちてもなお咲いていた時の状態を保っているその姿は美しくも儚いと思いました。

今の時期はちょうど落椿を見ることが出来るので、見かけたら是非この曲を思い出してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。
ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。
「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。
「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。
どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG